• ホーム
  • 芸能
  • ディズニー/ピクサー最新作『リメンバー・ミー』劇場公開来年3月に変更

ディズニー/ピクサー最新作『リメンバー・ミー』劇場公開来年3月に変更

 ディズニー/ピクサー最新作、映画『リメンバー・ミー』の劇場公開日が当初の今年12月23日から来年3月16日に変更された。

 同作は、第83回アカデミー賞2部門(長編アニメーション賞、主題歌賞)に輝き、日本でも動員740万人、興収108億の大ヒットを記録したディズニー/ピクサーの名作『トイ・ストーリー3』(2010年)のリー・アンクリッチ監督最新作。

 1年に1度だけ亡くなった家族たちと会えるという “死者の日”の祝祭を題材に、テーマパークのような死者の国を舞台に繰り広げられる、笑いと感動のミステリーアドベンチャー。主人公は、 音楽を禁じられた少年ミゲルと、彼が死者の国で出会うスケルトンのヘクター。そして、ストーリーの重要なカギを握るのが、タイトルにもなっている曲「リメンバー・ミー」だ。誰も見たことのない、でも誰もが行ってみたくなる<死者たちの世界>を描き出す。



関連写真

  • ディズニー/ピクサー最新作『リメンバー・ミー』の劇場公開日が2017年12月23日から2018年3月16日に変更(C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • 『リメンバー・ミー』ロゴ (C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

オリコントピックス