• ホーム
  • 映画
  • バットマンによる“超人スカウト作戦”が始動 『ジャスティス・リーグ』予告解禁

バットマンによる“超人スカウト作戦”が始動 『ジャスティス・リーグ』予告解禁

 DCコミックスのキャラクターたちが集結したスーパーヒーローチームが活躍する映画『ジャスティス・リーグ』(11月23日公開)の予告編が27日、解禁された。スーパーマンの死によって再び訪れつつある地球の危機に対し、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(16年)でスーパーマンと互角の戦いを演じたバットマンことブルース・ウェイン(ベン・アフレック)が、新たな超人たちをスカウトしにいくシーンが映し出される。

 原作コミックは1960年に発表されて以降、現在も愛され続けており、もう一つの勢力マーベルのヒーローチーム“アベンジャーズ”よりも歴史のある究極のスーパーヒーローによるチームが、満を持して動き始める。

 注目なのは、6月2日に全米で公開され、2週連続1位を獲得した映画『ワンダーウーマン』(8月25日日本公開)に登場するワンダーウーマン/ダイアナ・プリンス(ガル・ガドット)の存在。傷一つ負わずに敵を蹴散らす、その美貌と強さも然ることながら、バットマンに対しても「敵はすでに来てる! 超人たちはどこなの?」と毅然と詰め寄るかっこよさで魅了する。

 地上最速の超人でチーム最年少のフラッシュ/バリー・アレン(エズラ・ミラー)も存在感を発揮し、バットマンがふいに投げつけたバッタラン(ブーメラン型の武器)をいとも簡単に指でつまんで避けてしまう場面も。大先輩のバットマンに対して、「あなたの能力って?」とぬけぬけと言ってのける度胸…というより無邪気さをも併せ持っている。

 そのほか、怪力で暴力的な水中最強の男アクアマン/アーサー・カリー(ジェイソン・モモア)や、飛行能力をもつ全身マシンの男サイボーグ(レイ・フィッシャー)など、バットマンがスカウトする超人達は性格もパワーもさまざま。彼らが1つになった時、いったいどんな戦いを見せてくれるのか。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



オリコントピックス