• ホーム
  • 芸能
  • フリー女性アナウンサー軍団、三田友梨佳に嫉妬「才能があるとわかっていても…」

フリー女性アナウンサー軍団、三田友梨佳に嫉妬「才能があるとわかっていても…」

 7日に放送されるフジテレビ系バラエティー番組『聞いてた話と違います!〜ブームに潜む落とし穴〜』(後7:57)ではフリー女性アナウンサー編と題して、塩地美澄、花崎阿弓、宮島咲良、堀友理子、西島まどか、松本圭世、松原江里佳、谷亜沙子ら個性派揃いの8人が集合。番組では憧れの職業と言われている女性アナウンサーだが、その裏の「知られざる驚きの格差」や「のし上がるための醜い争いなど悲惨なエピソード」を再現VTRを交えて紹介。

【写真】その他の写真を見る


 進行を務めたのはフジテレビの三田友梨佳アナウンサー。“局アナ”との格差をまざまざとみせつけられた8人だったが松本は「ここにいる全員あそこに立ちたいと思ったと思います!」と羨望の眼差しを送り、西島は「局アナさんはそれだけの競争を勝ち抜いてるし才能があるとわかっていてもどうしても横に立つとうらやましくなる」と本音を全開。宮島が「やっぱり瞳の奥の輝きが違いましたね…」としみじみと漏らすと全員から同意の声が漏れた。

 スタジオゲストの澤部佑から「非常に印象に残りました」と指名された花崎は秘密の“自主練習”の模様を公開したが「面白い部分を出しすぎて、今後アナウンサーとしてやっていけるのか心配」と不安げ。一方、収録で「○○パン」にあこがれていることから、東野幸治から「カヨパン」呼びされた松本は、「いい響きでした! こんな機会、ないので本当に東京に出てきて良かった!」と喜びを爆発させた。

 ほかにも「設定とかではなく月から来たので月の者は喜んでると思います」と本気で言い張る松原や、「スーパー戦隊の仕事に関わりたい。どうにかして地球の平和を守りたい」とオーデションを勝ち抜いて参加した面々ならではのキャラ渋滞ぶり。
 
 スタジオゲストの小島瑠璃子は「フリーアナウンサーさんのあの過酷な状況… それぞれ努力してる方向がいろいろあって、その中でもお一人お一人試行錯誤しながらやっているというのが分かりました」と思わず感心。博多大吉は「皆さんの『聞いてた話と違う!』というのが予想以上だったので、芸人として失格ですけど、かける言葉が見当たらないんですよね…。ツラかったです」と同情せざるを得ないほどの厳しい世界に生きる彼女たちの奮闘ぶりに注目だ。



関連写真

  • 7日に放送されるフジテレビ系バラエティー番組『聞いてた話と違います!〜ブームに潜む落とし穴〜』(後7:57)でフリーアナウンサーがぶっちゃけトークを展開
  • 7日に放送されるフジテレビ系バラエティー番組『聞いてた話と違います!〜ブームに潜む落とし穴〜』(後7:57)に出演する東野幸治、三田友梨佳アナ
  • 7日に放送されるフジテレビ系バラエティー番組『聞いてた話と違います!〜ブームに潜む落とし穴〜』(後7:57)にスタジオゲスト

オリコントピックス