• ホーム
  • 芸能
  • 横山だいすけ、連続ドラマ初挑戦 “交番のお兄さん”役で新境地

横山だいすけ、連続ドラマ初挑戦 “交番のお兄さん”役で新境地

 『おかあさんといっしょ』(Eテレ)の11代目“うたのお兄さん”を3月に卒業するやいなや、各方面に引っ張りだこの横山だいすけが、フジテレビ系“日9”ドラマ『警視庁いきもの係』(7月9日スタート、毎週日曜 後9:00)に、制服警官(巡査)の四十万拓郎(しじま・たくろう)役で毎回レギュラー出演することが発表された。横山がドラマに出演するのは、本作が初となる。横山は「地元の方々に愛される、親しみやすい“交番のお兄さん”という感じを出せていけたらいいなと思います」と意欲を燃やす。

【写真】その他の写真を見る


 同ドラマは、警視庁総務部総務課・動植物管理係(架空の部署)の鬼警部補・須藤友三(渡部篤郎)と新米巡査・薄圭子(橋本環奈)の凸凹コンビが、動物の生態をもとに事件解決に奔走するコミカル・アニマル・ミステリー。

 横山が演じる四十万は所轄の警官で、幼い頃から警察官にあこがれ、そのためにひたすら努力を積み重ねてきた、今どき珍しいピュアすぎるほどピュアな青年。事件の捜査にやって来る須藤と薄を事件現場で道案内するなど、彼らをフォローする役回りを務める。第1話では、横山が“意外な形”で登場するサプライズシーンもあるという。

 オファーを受けて横山は、「ただただ、うれしかったです。うたのお兄さんを卒業して、どういったことをやっていこうかと考えていた時期でもありましたので。ドラマ初挑戦となりますが、求めていただけるのでしたら、ぜひ挑戦してみたいと思いました。オファーをいただいた際には、ドラマに出演している自分が想像できなかったので、撮影初日を迎えるまで、日に日に、不安な気持ちも募っていました(笑)」。

 その撮影初日、「とても緊張して、気がついたら1シーン終わっていました(笑)。初めて撮影させていただいたのが、四十万の登場シーンで、四十万自身が一番緊張していていいシーンだったので、その状況には助けられました。共演させていただいた渡部さんや橋本さんが、いろいろと話しかけてくださったので、ありがたかったですし、うれしかったです」と、振り返った。

 四十万のキャラクターと、学生の頃から“うたのお兄さん”を目指して努力し、番組史上最長の9年間をまっとうして、現在に至る横山の姿が重なる。起用理由はまさにそこにあり、編成企画・渡辺恒也氏(フジテレビ編成部)は「捜査一課にあこがれ、世間の役に立ちたいという純粋な思いを持った、誰よりもピュアな青年である四十万というキャラクターを思い浮かべた時に、ひたむきに何かに打ち込んできたことがその人の魅力となっている人に演じてほしいと思いました」。

 横山も「ドラマ初挑戦となりますので、わからないことがいっぱいですが、このドラマに関わる皆さんと同様に、ドラマを盛り上げるために、これまで培ってきた自分の力を発揮したいです。今までの“うたのお兄さん”に似ているようで少し違う“四十万拓郎”を演じる、横山だいすけを楽しんでもらえたらうれしいです」と、メッセージを寄せている。



関連写真

  • 警察官の制服を着て、代名詞のようなポーズをとる横山だいすけ=7月9日スタートのフジテレビ系『警視庁いきもの係』にレギュラー出演
  • 敬礼!
  • (左から)渡部篤郎、横山だいすけ、橋本環奈
  • 7月9日スタートのフジテレビ系『警視庁いきもの係』第1話より(左から)渡部篤郎、横山だいすけ
タグ

オリコントピックス