• ホーム
  • 映画
  • 斎藤工、上海映画祭で新人監督賞受賞「ただただ驚いています」

斎藤工、上海映画祭で新人監督賞受賞「ただただ驚いています」

 俳優の斎藤工(35)が「齊藤工」名義で長編監督デビューを果たし、高橋一生(36)が主演する映画『blank13』(2018年2月3日公開)が、中国・上海で開催された『第20回上海国際映画祭』のアジア新人賞部門で最優秀監督賞を受賞したことが23日、わかった。俳優としても活躍する日本人が、最優秀監督賞を受賞するのは今回が初めて。「ただただ驚いています」と心境を明かし、「上海国際映画祭及びに中国の寛大なる皆さま、そして導いて下さった『blank13』チームの皆さまに心から感謝致します」とコメントした。

 『上海国際映画祭』は、1993年から行われているアジア圏最大規模の映画祭。アジア新人賞部門は、アジア圏の新人監督作品を対象とし、これからの映画界を担う才能に各賞が授与される。齊藤監督は18日に現地で行われた舞台あいさつに参加していた。

 過去には、『第18回上海国際映画祭』の同部門で、安藤桃子監督(『0.5ミリ』)が同賞を受賞、他部門では、『リリイ・シュシュのすべて』、『武士の一分』、『鍵泥棒のメソッド』などの話題作が各賞受賞している。

 放送作家・はしもとこうじ氏の実話を基にした同映画は、13年前に突然失踪した父が余命3ヶ月で見つかったことから始まるある家族の物語。高橋のほか、松岡茉優神野三鈴リリー・フランキーらが出演し、齊藤監督も俳優名義で出演している。

 受賞結果を受けて、齊藤監督は「私に唯一能力があるとしたらそれは“人運”です。今回の映画作りの中で最も発揮された能力だと確信しています。そして今回上海でもすばらしい出逢いがたくさんありました」と振り返り、「“35歳”は新人と呼ぶに相応しい年齢では無いかも知れませんが、私に与えられた時間がある限り、縁を大切に、自分のすべきことへ日々邁進したいと思います。謝謝」と感謝の思いを伝えた。



関連写真

  • 斎藤工が「齊藤工」名義で監督を務めた映画『blank13』が、『第20回上海国際映画祭』のアジア新人賞部門で最優秀監督賞を受賞した (C)2017「blank13」製作委員会
  • 『第20回上海国際映画祭』に参加した齊藤工監督 (C)2017「blank13」製作委員会

オリコントピックス