• ホーム
  • 芸能
  • 市川海老蔵、妻・麻央さんの死で気持ちの整理できず涙「何の準備もできていない」

市川海老蔵、妻・麻央さんの死で気持ちの整理できず涙「何の準備もできていない」

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)が23日、妻・麻央さんの死去を受けて、都内で会見を開いた。当初、会見時間は5〜10分を予定していたが、海老蔵の申し出により20分に延長。こらえきれず、何度も涙を流した海老蔵は「昨日の今日で何の準備もできていなくて」と最愛の妻の死に気持ちの整理が全くできていないことを明かした。

【写真】その他の写真を見る


 海老蔵は黒のスーツ姿で登場し、「昨日夜に妻、麻央が旅立ちました」と悲しみの報告。前日も舞台の本番で、この日も上演の合間に会見を行った。気丈に仕事をこなしたが、麻央さんの話をしていくうちに目は真っ赤に。最後の様子を「たまたま本当にたまたまなんですけれども、私がちょうど妻の前に座って呼吸が苦しそうだったので、『大丈夫かな』と思いました。一昨日まではしゃべれたんですけど昨日はしゃべれなかった。これは本当に不思議な話ですけれども、息を引き取る瞬間、彼女が『愛してる』と言ってくれた。『愛してる』と言ってそのまま旅立ちました」と語ると何度も目頭を拭い、「泣いちゃいますよね」と海老蔵は寂さを隠すためか少し笑った。

 続けて「愛されていたのは、よく分かっていたんですけど、最後の最後まで愛してくれていた」と話し、一呼吸入れると「なんともいえませんね」とため息を交じりに妻の大きな愛をかみしめた。さらに涙を流したことについて「どうしても昨日の今日で何の準備もできていなくて。こんなところでお見苦しいところを」と説明し、気持ちの整理ができていないことを隠すことなく明かした。

 「本当に、笑顔と勇気と愛情、そして決してブレない自分、そしてどんな状況でも相手のことを思いやる気持ち、愛ですよね。そういった力が最後までブレず、おとといまで笑顔で話してくれた」と麻央さんの生き方を回想。麻央さんから学んだことについて「元気になったら、彼女は自分が歩んできた過程の病、乳がんやそれに伴う病に対して、自分が治ったら、多くの人の救いになれるような存在になりたいということで、一生懸命闘病していました。それでブログというものも始めた。何か同じ病の人たちや苦しんでいる方々と悲しみや喜びを分かち合う姿は、私からすると、何か人ではないというか、スゴい人だなっていうか」と話し、「総合的に教わったこと、今後も教わり続けることは愛なんだと思います」と“愛”と表現した。

 海老蔵は「僕を変えた奥さん」と改めて麻央さんの存在を語った。思い出される麻央さんの表情については「全部ですね。初めて会ったときの彼女から今日の朝まで全部。全部です」と思いをはせ「できればずっと一緒にいて、私の方が先に逝って、彼女にはもっと幸せに、ご家族との暮らし、そして私が役者として成長していく過程をずっと見守ってもらいたかった存在です」と寂しそうに話した。最愛の妻を亡くしたショックは計り知れない。



関連写真

  • 最愛の妻の死に涙した市川海老蔵 (C)ORICON NewS inc.
  • 小林麻央さん (C)ORICON NewS inc.
  • 会見を行った市川海老蔵 (C)ORICON NewS inc.
  • 市川海老蔵 (C)ORICON NewS inc.
  • 市川海老蔵 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス