• ホーム
  • 芸能
  • 宮崎駿氏、ジブリ出身・米林宏昌監督にねぎらいの言葉も… 新作は見ない?

宮崎駿氏、ジブリ出身・米林宏昌監督にねぎらいの言葉も… 新作は見ない?

 長編アニメーション映画『メアリと魔女の花』(7月8日公開)スペシャルトークイベントが22日、都内で行われた。2014年末にスタジオジブリを退社し、同作で監督を務めた米林宏昌監督(43)と西村義明プロデューサー(39)は、宮崎駿氏(76)、鈴木敏夫プロデューサー(68)、高畑勲監督(81)に完成作を見てもらうためスタジオジブリを訪れたこと、宮崎監督たちにかけられたねぎらいの言葉を明かした。

【写真】その他の写真を見る


 完成した作品を持ってジブリを訪れ、高畑監督と鈴木プロデューサーに見てもらったが、米林監督は「宮崎さんは『俺は見ない』って見てくれなかった」と告白。「でも、『よく頑張った』とねぎらってもらいました。(完成が)遅れに遅れていたものですから、本当にできるのかと心配していただいていたので、無事報告することができた」と安堵の表情を見せた。

 作品を見た2人からは感想をもらったようで、西村プロデューサーは「鈴木さんは開口一番『よく頑張った。ジブリの呪縛から解き放たれるとこういう映画を作るのか。素直にのびのびといい作品を作った』と言っていただいた」と胸を張り、高畑監督に関しては「ファンタジー映画が嫌いな方なので、一番緊張する人」と前置きしてから、「すごく気に入ってくれた。『好感のもてる映画です。でも私が好感を持てる映画ということは、この映画の成功は危ういんじゃないか』と言っていました」と笑っていた。

 イベントには、メアリの声を担当した杉咲花(19)、ピーター役の神木隆之介(24)、小日向文世(63)、佐藤二朗(48)、遠藤憲一(55)、大竹しのぶ(59)らが出席。杉咲は「普段自分が携わった作品は客観的に見ることができないけれど、今回は作品の力がすごくて、本当に楽しませていただいた」と笑顔で、神木も「勇気をもらえるような、背中を後押ししてくれるような作品」とアピール。5歳の子どもがいる佐藤は「教育上あんまりよくない役が多いんですけれど、今回は胸を張って子どもと劇場に行きたいと思います」と声を弾ませた。



関連写真

  • (左から)米林宏昌監督、佐藤二朗、大竹しのぶ、杉咲花、神木隆之介、小日向文世、遠藤憲一、西村義明プロデューサー (C)ORICON NewS inc.
  • 米林宏昌監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 杉咲花 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『メアリと魔女の花』のスペシャルトークイベントに出席した神木隆之介 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『メアリと魔女の花』のスペシャルトークイベントに出席した大竹しのぶ (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『メアリと魔女の花』のスペシャルトークイベントに出席した佐藤二朗 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『メアリと魔女の花』のスペシャルトークイベントに出席した神木隆之介 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『メアリと魔女の花』のスペシャルトークイベントに出席した小日向文世 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『メアリと魔女の花』のスペシャルトークイベントに出席した遠藤憲一 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『メアリと魔女の花』のスペシャルトークイベントに出席した西村義明プロデューサー (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス