• ホーム
  • 芸能
  • チュート徳井、念願の“ジェンダーレス”役に歓喜「前からやってみたいと思っていた」

チュート徳井、念願の“ジェンダーレス”役に歓喜「前からやってみたいと思っていた」

 お笑いコンビ・チュートリアル徳井義実が、7月13日よりスタートするフジテレビ系連続ドラマ『セシルのもくろみ』(毎週木曜 後10:00)にレギュラー出演することが、わかった。徳井が演じるのは“オンナのもくろみうごめく”ファッション誌業界で、一般主婦から読者モデルへと羽ばたき成長していく主人公・宮地奈央(真木よう子)の良き理解者となるカリスマヘアメーク・安原トモ。「前からやってみたいと思っていた」という“ジェンダーレス”役で 「念願の“ジェンダーレス役”を見ていただければ幸いです」と胸を張って呼びかけている。

【写真】その他の写真を見る


 取材で演じたい役柄を聞かれたときは『オネエの殺人鬼』と答えるほど、“ジェンダーレス”役に憧れを抱いていたという徳井は「うっすらそこに近づいたかなと。面白そうな役だと思います」とうれしげ。普段から「女装とかコントですることも多い」といい「女性的な身のこなしなどはこれまでにも意識はしてきました。そういった部分を生かしてやっていきたいですね。女性の身のこなしの演技も嫌いではないので、もう準備はできているかもしれません(笑)」と準備万端だ。

 一方、専業主婦・独身・共働き・シングルマザーなどさまざまな立場の女性たちがぶつかりながらも幸せを模索する物語を彩っていく男性キャストが決定。

 奈央がモデルを務める女性ファッション誌『ヴァニティ』の専属カメラマン・山上航平に俳優の金子ノブアキで、イケメンで乗せ上手にしてプロ意識の高いモテ男の山上は奈央を傍らで厳しくも真剣に支える。「いろいろな場面で素晴らしいカメラマンと幾度も出会ってきました。いいキャラクターを作り上げることで彼らへの敬意を表す事ができればと思っています」とやる気をにじませる。

 そして『ヴァニティ』の編集長・南城彰にはリリー・フランキーを起用。多くのファッション誌を成功に導いてきた温厚な敏腕編集者という役どころに挑戦するが「編集長役はこれまでにも何度かやらせていただいていますが、変わった編集長役が多かったので、今回のようなしっかりした役は初めてですね。女性誌の編集部で“世渡りの上手い毒気の抜けたオジサン編集長”として、“男”を強く出さないように演じていきたいですね」と意気込みを語った。

 このほか『ヴァニティ』の編集部員役に小野ゆり子、編集長の言動に右往左往する副編集長役に眞島秀和、セレブ主婦ライター役に石橋けい、安原と共に主人公を支えるスタイリスト役に伊藤修子、奈央の同期で“美脚美人”な新人主婦モデル役に佐藤江梨子、“セレブ風美人”な読者モデル役には藤澤恵麻。そして、奈緒の夫役に宇野祥平、中学生の一人息子役に佐藤瑠生亮(さとう・るいき)、奈央と学生時代からの地元の友達役に加藤人というキャストが出揃い、女性たちのパワフルでクレイジーな物語を盛り上げていく。



関連写真

  • 7月13日放送のフジテレビ系連続ドラマ『セシルのもくろみ』でジェンダーレスなカリスマメークを演じるチュートリアルの徳井義実
  • 7月13日放送のフジテレビ系連続ドラマ『セシルのもくろみ』で女性ファッション誌「ヴァニティ」の専属カメラマンを演じる金子ノブアキ
  • 7月13日放送のフジテレビ系連続ドラマ『セシルのもくろみ』で女性ファッション誌「ヴァニティ」の編集長を演じるリリー・フランキー

オリコントピックス