• ホーム
  • 芸能
  • 小倉智昭、人妻との不倫否定「仕事仲間」 生放送で“文春砲”釈明

小倉智昭、人妻との不倫否定「仕事仲間」 生放送で“文春砲”釈明

 きょう22日発売の『週刊文春』で人妻との密会が報じられたフリーアナウンサーの小倉智昭(70)が、同日のフジテレビ系『とくダネ!』(月〜金 前8:00)に出演。同誌が報じた女性について、不倫関係を否定した。

 同誌では、小倉が大手新聞社に務める40代の既婚女性とたびたび2人きりで食事に出かけ、小倉の個人事務所で密会を重ねていると報道。同誌の直撃に小倉本人は「親友です」、所属事務所も「仕事仲間」と回答しており、不倫関係を否定している。

 番組では冒頭「“密会”は言い過ぎ…仕事仲間」とテロップを出し、改めて不倫関係にあることを否定。小倉は「私、文春砲にまた撃たれました」と自虐し「長い間、かなり追いかけられたらしいんだけど、それらしいことは出てこなかったと思う」と語った。

 『文春』からは記者5人の取材を受け、「小倉さんの事務所で2時間、灯りがもれないようにしてましたよね」と追及されたことを告白。これに小倉は、女性と事務所で映画観賞をしていたと明かしたが、「去年、膀胱(ぼうこう)がんになりましたからね。そっちのほうはご無沙汰です」と男女の関係は否定。その上で「女性は大好きですから。これからも堂々といろんな女性と“密会”はしていきたい」と宣言した。

 その後、梅津弥英子アナから「密会って、そういうご関係ではないんですよね? ちゃんと言っておいたほうがいいんじゃないですか?」と水を向けられると「だから、映画を2人で観たりしたのを“密会”って言われたら密会なのかもしれないけど。ほかに誰もいないから。どうとでもなりますから。まあいいでしょう」と最後は言葉をにごしつつ、次のニュースへと移った。



オリコントピックス