• ホーム
  • 音楽
  • 藤井フミヤ、チェッカーズ再結成「難しい」 他グループの復活「うらやましい」

藤井フミヤ、チェッカーズ再結成「難しい」 他グループの復活「うらやましい」

 1983年から1992年に活動した男性7人ポップスバンド・チェッカーズのメンバーで、実の兄弟である藤井フミヤ藤井尚之のユニット・F-BLOODが21日、東京・Shibuya O-EASTで、アルバム『POP ’N’ ROOL』リリース記念ライブを行った。

【写真】その他の写真を見る


 9年ぶりのアルバムリリースに、フミヤは「結成20周年なんですけど、まだ3枚しか出していないです。オリンピック(の間隔)以上ですよね」と自虐まじりにポツリ。息の合ったコンビネーションで、全7曲を歌い上げると「9月からは全国ツアー行きます。流星群みたいに、またいつ見られるかわからないので、貴重な動物を見に来るような感じで来てください」と笑顔で呼びかけた。

 ライブ終了後に行われた囲み取材では、同バンドの今後についてフミヤが「このF-BLOODに解散っていう言葉はないですね」と明言。1992年に惜しまれつつも解散したチェッカーズ再結成の可能性については「ちょこちょこは歌っているんですけど、チェッカーズの復活は難しいでしょうね。もう音楽やっていない人間もいますし」とコメントした。

 弟の尚之が「クロベエ(徳永善也さん)がいないしね…」とつぶやくと、フミヤも「1人いないっていうのが、いろんな意味で」と発言。報道陣から「やっぱり、あの名曲は後世に残しておきたいですよね」と期待されると「だから、意外と再結成するグループとか多いんですけど、うらやましいですね。5年後には僕も60歳になりますけど、その頃にどうなっているかわからないですね」と率直な思いを打ち明けていた。



関連写真

  • F-BLOOD(左から)藤井尚之、藤井フミヤ (C)ORICON NewS inc.
  • アルバム『POP ’N’ ROOL』リリース記念ライブを行ったF-BLOOD (C)ORICON NewS inc.
  • アルバム『POP ’N’ ROOL』リリース記念ライブを行ったF-BLOOD (C)ORICON NewS inc.
  • アルバム『POP ’N’ ROOL』リリース記念ライブを行ったF-BLOOD (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス