• ホーム
  • 芸能
  • ももち、引退前日にレギュラーラジオが一夜限りの復活 心境をたっぷり語る

ももち、引退前日にレギュラーラジオが一夜限りの復活 心境をたっぷり語る

 今月30日のライブをもって芸能界から引退するカントリー・ガールズの“ももち”こと嗣永桃子(25)の最後のラジオ番組『嗣永桃子のぷりぷりプリンセス〜ももちフォーエバー〜』(文化放送)が、卒業前日の29日(後7:30〜8:30)に放送されることが決定した。

【写真】その他の写真を見る


 同番組は、2009年から14年まで同局で放送された『Berryz工房 嗣永桃子のぷりぷりプリンセス』の3年ぶりの復活特番。これまでの芸能生活を振り返りながら、引退を目前に控えた現在の心境をたっぷりと語る。

 先日行われた収録で、嗣永は冒頭で「ラジオでの初めてのレギュラーが2004年4月で、まだ12歳、中学1年生になったばかりでした。よく出演させようと思いましたよね。公共の電波を通じて『給食で何を食べた』とか『宿題が大変だった』とか喋っていたわけですから(笑)」とデビュー当時を回想。

 また「最近、好きなアーティストさんのライブが大阪であって、その公演を観るために初めて“遠征”したんですよ。初めて新幹線の切符を一人で買うという体験をしたり、想像以上に大変だったんですけど、想像以上に楽しかったんです」と近況を明かし、「『私のライブでもファンのみなさんはこういう思いをしながら会いに来てくれたんだな』と。そういうことが最後のライブの前に分かってよかったですし、『遠くからはるばる来てよかったな』と思ってもらえるようなライブにしたいです」とラストライブに向けた思いを打ち明けた。

 番組では懐かしのレギュラー放送時代のコーナーも復活。引退にあたってのファンに向けたメッセージも送られる。



関連写真

  • 引退を前にラジオ『嗣永桃子のぷりぷりプリンセス』で心境を語った嗣永桃子 (C)文化放送
  • 引退を前にラジオ『嗣永桃子のぷりぷりプリンセス』で心境を語った嗣永桃子 (C)文化放送

オリコントピックス