• ホーム
  • 音楽
  • 【オリコン】B’z、49作連続49作目首位 2年ぶりシングルで

【オリコン】B’z、49作連続49作目首位 2年ぶりシングルで

 ロックユニット・B’zの2年ぶり通算53枚目シングル「声明/Still Alive」(14日発売)が初週12.1万枚を売り上げ、6/26付オリコン週間シングルランキングで1位に初登場。シングル1位獲得は「太陽のKomachi Angel」(1990年6月発売)から49作連続通算49作目となった。

 自身が歴代1位記録を保持するシングルの通算1位獲得作品数、連続1位獲得作品数をいずれも塗り替え、50作の大台に王手をかけた。ちなみに歴代2位記録はともに嵐が持ち、通算47作、連続40作で後を追っている。また、同じくB’zが歴代最多記録を持つシングル1位獲得週数は66週(歴代2位=ピンク・レディーの63週)に伸ばしている。

 今作は両A面でリリースされ、「声明」は「UCC BLACK無糖」のテレビCM曲、もう一方の「Still Alive」は1月期にTBS系で放送された木村拓哉主演ドラマ『A LIFE〜愛しき人〜』の主題歌。


■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、スマホ、SNS)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。


関連写真

  • シングル49作連続通算49作目の首位を獲得したB’z
  • B’zの53thシングル「声明/Still Alive」

オリコントピックス