• ホーム
  • 映画
  • 『銀魂』小栗・岡田・福田監督のオフショット公開 豪華キャストの組み合わせにも注目

『銀魂』小栗・岡田・福田監督のオフショット公開 豪華キャストの組み合わせにも注目

 俳優の小栗旬主演で空知英秋氏の人気漫画を実写化する映画『銀魂』(7月14日公開)より、主人公・坂田銀時役の小栗、桂小太郎役の岡田将生、メガホンをとった福田雄一監督のオフショットが19日、ORICON NEWSに到着した。

 公開されたオフショットは、宇宙からやってきた天人(あまんと)によって鎖国を解放されたパラレルワールドの江戸末期・かぶき町の夜の街並みをバックに撮影されたもの。

 開店休業状態の便利屋“万事屋銀ちゃん”を営む銀時は、事務所兼住居で騒がしくも平和な日々を従業員・志村新八(菅田将暉)と居候の怪力美少女・神楽(橋本環奈)と過ごしているが、かつては、国を憂い天人相手に攘夷戦争で死闘を繰り広げた過去を持つ。桂は、銀時とは同じ師の元で学んだ幼なじみで、攘夷戦争時代を共にした盟友。敗戦後に自ら攘夷党を結成、浪士を募集しながら攘夷活動に励み、銀時たちと交流しつつペット兼宇宙生物のエリザベスと共に、江戸の治安を預かる真選組から逃げ続けている。

 アニメ化もされた人気漫画の“まさかの実写化”に加え、話題を呼んだのが豪華キャストたちの出演。顔ぶれの華やかさだけではなく、その組み合わせも注目ポイントとなる。

 フジテレビ系連続ドラマ『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜』(2007年)、映画『宇宙兄弟』(12年)と共演を重ね、プライベートでも親交のある小栗と岡田。少年時代・激しい時代を共にし、今はそれぞれの覚悟のもと違う道を進む銀時と桂を、切磋琢磨しながら第一線を走り続ける2人が演じている。

 また、桂同様に銀時と幼なじみで盟友、そして同作で彼らに立ちはだかる最強の敵・鬼兵隊頭領の高杉晋助を演じた堂本剛は、12年ぶりの映画出演。バラエティー番組で出会い、フジテレビ系連続ドラマ『33分探偵』(08年)をはじめ、福田作品の主演を務めてきた堂本。2人の再タッグも話題を集めたが、堂本が主演を務めたTBS系連続ドラマ『Summer Snow』(00年)で兄弟役を演じた小栗の主演作品に参加という点でも、キャストファンのみならず、当時ドラマに熱中していた世代からの歓喜の声が多く寄せられている。

 そのほかにも、菅田、橋本、吉沢亮早見あかりと、若手注目俳優・女優たちも参戦。露出度の高い衣装も抜群のスタイルで着こなし、原作・アニメファンからのお墨付きをもらった菜々緒、福田組常連の新井浩文佐藤二朗ムロツヨシ安田顕や、まさかのキャスティングとなった長澤まさみ中村勘九郎もコメディーに果敢に挑み、新たな“世代”を作りゆく者たちによる名演合戦も見どころとなる。



関連写真

  • 映画『銀魂』に出演する小栗旬(右)、岡田将生(左)、メガホンをとった福田雄一監督 (C)空知英秋/集英社(C)2017「銀魂」製作委員会
  • 映画『銀魂』撮影の様子(C)空知英秋/集英社(C)2017「銀魂」製作委員会

オリコントピックス