• ホーム
  • 芸能
  • ひめキュンフルーツ缶、異例の全メンバー卒業発表 11月から新体制に

ひめキュンフルーツ缶、異例の全メンバー卒業発表 11月から新体制に

 愛媛を中心に活動していたアイドルグループ『ひめキュンフルーツ缶』の全メンバー5人の卒業が15日、発表された。アイドルグループの全メンバー卒業は異例。今後は11月の再始動に向けて新メンバーを募集している。

【写真】その他の写真を見る


 『アキバに行かなくても会えるアイドル』を目指し、地元愛媛県民に愛されるアイドルユニット『ひめキュンフルーツ缶』プロジェクトは2010年にスタート。現メンバーである谷尾桜子、奥村真友里、岡本真依、菊原結里亜の4名は10月末で卒業。今年の4月より体調不良のため休養している河野穂乃花に関しては、きょう6月16日付で卒業となった。メンバーは直筆のコメントをマスコミ各社に送付し、今の心情を語った。

 センターの岡本は「8人か5人になり危機感を感じ、より団結力を増して『このメンバーならどこまででもいける!』と思い突っ走ってきた中で5人同時に卒業できないこと、そしてここで卒業してしまうこと、本当に悲しく悔しい気持ちです。ですが、メンバー、スタッフで何度も何度も話し合い『全員卒業を』を選択しました」と報告。奥村は「今回の決断はみんなで時間をかけてたくさん話し合って決めたことなので後悔はありません。この卒業はそれぞれのメンバーが新しい道へ進むための1歩です」とコメントした。

 8月2日には全シングル曲が入ったベスト盤『煌-BEST-』を発売。また、7月からライブツアーをスタートさせる。10月に行われる卒業公演に関しては後日発表される予定となっている。

 また、新体制は11月からスタートさせる予定。現在、新規メンバーを募集している。



関連写真

  • メンバー全員の卒業を発表したひめキュンフルーツ缶
  • 菊原結里亜の卒業コメント
  • 河野穂乃花の卒業コメント
  • 岡本真依の卒業コメント
  • 奥村真友里の卒業コメント
  • 谷尾桜子の卒業コメント

オリコントピックス