• ホーム
  • 芸能
  • 野際陽子さん娘・真瀬樹里、感謝の思い伝える 母は「偉大で誇り」

野際陽子さん娘・真瀬樹里、感謝の思い伝える 母は「偉大で誇り」

 13日午前8時5分に肺腺がんのため81歳で亡くなった女優・野際陽子さんの長女で女優・真瀬樹里(42)が15日、所属事務所を通じて、野際さんの病との闘い、最期の様子、そして感謝の思いを伝えた。

 真瀬は「6月13日午前8時5分、肺腺がんのため永眠いたしましたことを謹んでお知らせいたします」と報告。葬儀はきょう15日、近親者のみにて執り行ったことを伝え「母本人の意志によりお別れの会などは執り行う予定はございません」とした。

 野際さんについては「3年前に肺腺がんが発覚し、先月5月8日、肺炎を併発し入院してから1ヶ月強、一進一退を繰り返しながら必死に闘い抜きました。2度の手術、抗がん剤治療と、仕事をしながらの壮絶な3年の闘病でした」と明かし、最期は「親族やスタッフに見守られ、抱きしめる私の腕の中で天国へ旅立ちました」と状況を説明した。

 「今まで母を応援して下さった皆様、お世話になった仕事の関係者の皆様、本当にありがとうございました。多くの人に愛される、役者としても一人の人間としても偉大な母だったと誇りに思っております」と思いを記し「母と、母の遺した作品を、どうかこれからも忘れずに愛し続けて頂けたらと存じます」と呼びかけている。

 真瀬の父は野際さんと94年に離婚した俳優・千葉真一(78)。

以下、コメント全文

報道関係の皆様へ

 母・野際陽子が、平成29年6月13日(火)午前8時5分、肺腺がんのため永眠いたしましたことを謹んでお知らせいたします。

 なお誠に勝手ながら葬儀につきましては、本日15日、近親者のみにて執り行われましたことをご報告いたします。
 また母本人の意志によりお別れの会などは執り行う予定はございません。

 3年前に肺腺がんが発覚し、先月5月8日、肺炎を併発し入院してから1ヶ月強、一進一退を繰り返しながら必死に闘い抜きました。2度の手術、抗がん剤治療と、仕事をしながらの壮絶な3年の闘病でした。最期は、親族やスタッフに見守られ、抱きしめる私の腕の中で天国へ旅立ちました。

 今まで母を応援して下さった皆様、お世話になった仕事の関係者の皆様、本当にありがとうございました。多くの人に愛される、役者としても一人の人間としても偉大な母だったと誇りに思っております。母と、母の遺した作品を、どうかこれからも忘れずに愛し続けて頂けたらと存じます。

 皆様には長年にわたり大変お世話になりました。
ここに生前のご厚誼を深く感謝するとともに心より御礼申し上げます。

真瀬樹里



関連写真

  • 野際陽子さんの長女・真瀬樹里
  • 野際陽子さん (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス