• ホーム
  • 芸能
  • 小池都知事、芸人相手にボケまくり 関西出身の血が騒ぐ

小池都知事、芸人相手にボケまくり 関西出身の血が騒ぐ

 小池百合子東京都知事が15日、東京都庁で『とうきょうホイクマン』の任命式に参加。兵庫県出身の小池都知事は関西人の血を騒いだそうで、芸人相手にボケまくった。

【写真】その他の写真を見る


 待機児童対策として保育人材の育成・確保・定着を進めている東京都が、保育の仕事の内容ややりがいをPRし、保育士など保育の現場で働いている人や、保育の現場で働くことを目指す人を応援するサポーター『とうきょうホイクマン』に、お笑いコンビ・ランパンプスを任命した。

 ランパンプスは昨年8月に保育士の資格を取得した寺内ゆうきと相方の小林良行の2人からなるコンビ。小池都知事は「待機児童問題はできるだけ早く解消したい。ホイクマンに任命して、いいモデルケースになってもらいたい」とエールを送った。

 小林も家庭的保育や小規模保育、学童クラブ、子育てひろばなどで働ける「子育て支援員」の勉強中。そのことについて小林が話し始めると小池都知事は近寄ってマイクを向けながら「マイクスタンドよ」とジョークを飛ばした。小林は恐縮しきりだった。

 小池知事は任命式でも「任命状」と読み上げるところで「逮捕状」と読むボケも披露。油断していたランパンプスが大慌てとなると「(犯罪は)何もしてなかったわね」と笑いながら「一応、私も関西系なので」とニヤリ。してやったりの表情を浮かべた。

 しかし、小池都知事の退出後、寺内は申し訳なさそうに「お笑いの文化はやっぱり大阪から来ているので『私も関西方面なので』とおっしゃったんですけど、僕ら、千葉と北海道なので…」と正直に告白。都庁の関係者を爆笑させていた。



関連写真

  • 『とうきょうホイクマン』の任命式に参加した(左から)ランパンプス(小林良行、寺内ゆうき)、小池百合子東京都知事 (C)ORICON NewS inc.
  • 任命状を「逮捕状」と読むボケをした小池百合子東京都知事(右) (C)ORICON NewS inc.
  • 自作の『ホイクマン』ポーズをする寺内ゆうき(中央) (C)ORICON NewS inc.
  • 『とうきょうホイクマン』の任命式に参加した小池百合子 (C)ORICON NewS inc.
  • 『とうきょうホイクマン』の任命式に参加した小池百合子 (C)ORICON NewS inc.
  • 『とうきょうホイクマン』の任命式に参加したランパンプス・寺内ゆうき(右) (C)ORICON NewS inc.
  • 『とうきょうホイクマン』の任命式に参加したランパンプス・寺内ゆうき (C)ORICON NewS inc.
  • 『とうきょうホイクマン』の任命式に参加したランパンプス・小林良行 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス