• ホーム
  • 芸能
  • 関ジャニ∞、TOKYO FM特番で新アルバムを自ら解説 音楽観も語り合う

関ジャニ∞、TOKYO FM特番で新アルバムを自ら解説 音楽観も語り合う

 人気グループ・関ジャニ∞が、1年7ヶ月ぶりとなるアルバム『ジャム』の魅力を自ら解説するラジオ番組『関ジャニ∞ プレミアムジャム』(TOKYO FM)が25日午後1時から放送することが決定した。

 同作は、岡崎体育蔦谷好位置、ニセ明、BEGIN水野良樹いきものがかり)、ユニコーンレキシ(池田貴史)など 豪華アーティスト・プロデューサーが楽曲を提供。通常盤には追加曲としてメンバーの渋谷すばる作詞作曲「生きろ」、安田章大の作詞作曲「JAM LADY」、錦戸亮の作詞作曲「Traffic」が収録される。

 番組では、関ジャニメンバーが本作のレコーディングに臨んだ心境、熱いパフォーマンスで話題になった『TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2017』のステージの感想、メンバーそれぞれの音楽観、さらにアンバサダーを務める「プレミアムフライデー」についてもトークを繰り広げる。

 関ジャニメンバーのほか、進行役としてお笑いトリオ・グランジ遠山大輔が出演する。



オリコントピックス