• ホーム
  • 芸能
  • 大林宣彦監督、昨年8月に「余命3ヶ月」宣告されていた 病魔乗り越え黒沢監督の遺言を伝える

大林宣彦監督、昨年8月に「余命3ヶ月」宣告されていた 病魔乗り越え黒沢監督の遺言を伝える

 映画監督の大林宣彦氏(79)が11日、都内で行われた国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル」の授賞式に出席。公式審査員としてスピーチする中で、去年の8月に肺がん第4ステージで余命3ヶ月と宣告されていたことを明かした。

 この日は杖を突きながら登壇した大林監督は、医師の宣告どおりなら「本当はここにいないのですが、まだ生きております」とあいさつ。そして「生きてるならば皆さんに、映画ならではのエンターテインメントをお伝えしたいと思い、私が大事にしていた世界を代表する黒澤明監督が残された遺言を胸に温めていたので、それをお話するために命がけでここに立っています」と語った。

 晩年によくかわいがってもらったという黒沢監督の考えや自身でプロダクションを設立した経緯、アマチュアイズムの尊さなどを28分に渡って力説。最後は「黒澤監督が言った『俺の続きをやってよね』という言葉を、若い人たち皆さんに贈ります」と言葉を絞り出すと、観客から大きな拍手が巻き起こった。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



オリコントピックス