• ホーム
  • 芸能
  • 内藤剛志主演『警視庁・捜査一課長』第8話13.2%

内藤剛志主演『警視庁・捜査一課長』第8話13.2%

 “連ドラの鉄人”、俳優の内藤剛志が主演するテレビ朝日系ドラマ『警視庁・捜査一課長』(毎週木曜 後8:00)第8話が8日放送され、番組平均視聴率が13.2%だったことが、わかった。最高視聴率は14.6%(後8:47)で、容疑者とされた謎の大食い女性“あやか”(内山理名)が事件の真相を語る場面で記録した。

 警視庁捜査一課長・大岩純一(内藤)を中心とした熱き刑事たちの奮闘を描く同ドラマ。警視庁の花形部署であり、400人超の精鋭刑事を従える捜査一課長は、いわゆるキャリアが占めるほかの警察要職とは異なり、ヒラ刑事から這い上がってきた“叩き上げ”が務める、特殊なポスト。都内で起きるすべての凶悪事件に臨場し、いくつもの捜査本部を同時に指揮しながら捜査方針を決め、重大な局面では自ら捜査に乗り出すなど、極めて重い責務を担っている。

 部下を信じる姿勢やいざという時に「責任は俺がとる」と言って大胆な策に出るリーダーシップなど、“理想の上司”ともいえる大岩一課長がはまり役の内藤。運転担当刑事・刑部公平(田中圭)、“大福”のニックネームを持つ平井真琴(斉藤由貴)、“見つけのヤマさん”こと小山田管理官(金田明夫)らの軽妙なせりふのやりとりも見どころとなっている。

 初回2時間スペシャルは14.5%でスタートし、2週間ぶりに放送された第2話で9.6%まで落としてしまったが、第3話10.8%、第4話12.1%、第5話12.4%、第6話12.3%、第7話12.0%と推移し、第8話で13%台にまで回復させた。視聴率はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区。



オリコントピックス