• ホーム
  • 芸能
  • 瑛太主演『ハロー張りネズミ』追加キャストに伊藤淳史、ムロらバイプレーヤー集合

瑛太主演『ハロー張りネズミ』追加キャストに伊藤淳史、ムロらバイプレーヤー集合

 俳優・瑛太が主演するTBS系7月期連続ドラマ『ハロー張りネズミ』(毎週金曜 後10:00)の追加キャストが発表され、俳優・伊藤淳史吹越満ムロツヨシ國村隼らが出演することがわかった。誰も引き受けたがらない面倒な案件ほどやりたがる、一風変わった探偵“ハリネズミ”こと七瀬五郎(瑛太)をとりまく個性豊かな周囲の人々を演じる。

 同ドラマは、80年代に講談社『週刊ヤングマガジン』にて連載された弘兼憲史氏の漫画を原作に、映画『モテキ』や『バクマン。』で知られる大根仁監督がゴールデン・プライム帯ドラマで初めて脚本・演出を務める。“探偵もの”でありながらも殺人ミステリー、超常現象、ホラー、企業犯罪、歴史ミステリーまで、まさに“ジャンルレス”に展開していく。

 無茶な依頼をゴローたちに持ちかける川田運送の社長・川田に伊藤、ミステリアスな蘭子(深田恭子)の過去に深い関わりを持つ『サンダー貿易』元秘書課長・仲井に吹越、群馬県の県議会議員候補で市民運動のリーダーとして地元の人気を集める伊佐川良二にムロ、探偵事務所のある下赤塚の中華屋で働く無口調理人でゴローたちに意外な依頼を持ちかける栗田精二に國村が起用された。

 伊藤は「主演の瑛太さんや大根監督とは初めてなのですが、一緒にいいものを作っていけるよう全力で頑張っていきたいと思います」と意気込み。吹越も「静かで緻密、妥協を許さないしつこい大根演出(笑)。大変刺激になりました。」と撮影を満喫している様子。

 大根組初参加となる國村は「とてもパワフルでハードな仕事になりそうで、今からドキドキしています」と期待を込め、初出演映画で共演した瑛太との14年ぶりの再会を果たしたムロは「14年経ってやり合えたところ、どうか皆さん、見てほしいのです。追伸、大根さんありがとう」とコメントしている。



オリコントピックス