• ホーム
  • 芸能
  • 小出恵介、無期限活動停止でNHK主演ドラマが2日前に放送中止 過去作配信も停止

小出恵介、無期限活動停止でNHK主演ドラマが2日前に放送中止 過去作配信も停止

 俳優の小出恵介(33)が未成年との飲酒と不適切な関係を持ったとして、8日に所属事務所が無期限活動停止を発表したことを受け、放送予定だった出演ドラマの放送中止、及び降板が決まった。

 今月10日から主演ドラマ『神様からひと言〜なにわ お客様相談室物語〜』(NHK)が放送予定だったが、同局は「所属事務所より、小出さんを『無期限活動停止にする』と連絡がありました。これを受けて、NHKとしてもご出演いただくことはできない、と判断し、10日からの放送を中止し、別番組に変更することとしました」と発表。変更後の番組は、1月からBSプレミアムで放送された『幕末グルメ ブシメシ!』。

 また、小出が出演していた映画『のだめカンタービレ 最終楽章』がBSプレミアムで7月24・29日に放送予定だったが、これも中止に。変更後の番組は未定となっている。NHKオンデマンドで配信中だった過去の小出の出演作品についても、配信が休止された。

 同じく7月スタートの日本テレビ系ドラマ『愛してたって、秘密はある。』にも出演予定だったが、同局から降板が発表。公式サイトでも小出の名前と写真も消滅しており、後任は未定となっている。

 小出はあす9日発売の一部週刊誌で未成年との飲酒と不適切な関係が報じられることを受け、所属事務所が8日、無期限活動停止を発表した。

 小出は1984年2月20日生まれ・東京都出身。2003年に俳優デビュー。代表作はドラマ『ごくせん 第2シリーズ』『ROOKIES』『JIN-仁-』『Nのために』、映画『パッチギ!』『僕の彼女はサイボーグ』『シュアリー・サムデイ』『ボクたちの交換日記』など。今後の予定として、Netflixで今夏配信のオリジナルドラマ『Jimmy 〜アホみたいなホンマの話〜』、来年公開の映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』への出演も発表されていた。



オリコントピックス