• ホーム
  • 映画
  • ドラマ『銀魂』ヒロインは北乃きい 泣ける「ミツバ篇」を実写化

ドラマ『銀魂』ヒロインは北乃きい 泣ける「ミツバ篇」を実写化

 空知英秋氏の人気漫画を実写化する映画『銀魂』(福田雄一監督 7月14日公開)のキャスト、スタッフが集結するオリジナルドラマ『銀魂-ミツバ篇-』が、映像配信サービス「dTV」で7月15日より独占配信されることがわかった。原作で人気の感涙エピソードを実写化し、物語のヒロイン・ミツバを北乃きいが演じる。

【写真】その他の写真を見る


 「ミツバ篇」は、江戸の治安を預かる真選組・沖田総悟(吉沢亮)の姉・ミツバ(北乃)を巡る陰謀と、そこに立ち向かう真選組の活躍が描かれる。迫力のある殺陣が見どころのアクションシーンに加えて、沖田と土方十四郎(柳楽優弥)の確執を生むきっかけになった過去や、互いに想い合いながら別々の道を歩むことになったミツバと土方の悲恋など、人間ドラマも注目となる。

 原作の「ミツバ篇」に感動していたという柳楽は「土方の男気あふれる名ぜりふやアクションを演じることができて光栄でした! 撮影現場ではアクションシーンでお亮(吉沢)が木刀を頭に当ててきた! お亮、恨みでもあるのかい(笑)?」とコメント。

 吉沢は「沖田を演じた僕としては、映画本編で見せることのなかった殺陣のシーンを見てほしいです」とアピールしつつ、「殺陣の稽古中に、土方役の柳楽さんの頭を間違えて思いっきり叩いてしまい生きた心地がしませんでした。柳楽さん、本当にすみませんでした!」と謝罪している。

 重要なキャラクターを任された北乃は「自分が皆さまから愛されているストーリーのヒロインを演じられることに非常に感激しました。撮影では、カットがかかって福田監督が笑ってくれた瞬間に、役者としてホッとした記憶が鮮明に残っています」と話し、“辛い物好き女子”というミツバらしく、激辛せんべいを脇に抱えたキャラクターポスターが公開された。

 真選組の局長・近藤勲役の中村勘九郎は「真選組の仲間達の“絆”が見られるエピソードですので、思いっきりカッコいい真選組を感じてください。また、劇場版では着ることが少なかった近藤の隊服姿にもご注目ください」と呼びかけている。



関連写真

  • 『銀魂-ミツバ篇-』でヒロインを演じる北乃きい (C)空知英秋/集英社(C)2017映画「銀魂」製作委員会(C)2017 dTV
  • 映像配信サービス「dTV」で7月15日より独占配信される(C)空知英秋/集英社(C)2017映画「銀魂」製作委員会(C)2017 dTV
  • 『銀魂-ミツバ篇-』場面写真(C)空知英秋/集英社(C)2017映画「銀魂」製作委員会(C)2017 dTV
  • 『銀魂-ミツバ篇-』場面写真(C)空知英秋/集英社(C)2017映画「銀魂」製作委員会(C)2017 dTV
  • 『銀魂-ミツバ篇-』場面写真(C)空知英秋/集英社(C)2017映画「銀魂」製作委員会(C)2017 dTV
  • 『銀魂-ミツバ篇-』場面写真(C)空知英秋/集英社(C)2017映画「銀魂」製作委員会(C)2017 dTV

オリコントピックス