• ホーム
  • 芸能
  • 大食いアイドル・もえのあずき、ドラマ初出演で爆食演技を披露

大食いアイドル・もえのあずき、ドラマ初出演で爆食演技を披露

 アイドルグループ・バクステ外神田一丁目のメンバー、“もえあず”こと、もえのあずきが、テレビ朝日系『警視庁・捜査一課長』(毎週木曜 後8:00)の第8話(8日放送)にゲスト出演。2014年に北海道テレビで放送された『食べる女』というドラマ仕立てのグルメ番組に出演したことがあるものの、本格ドラマ出演は初。「いつもテレビでたくさん食べる姿をお見せしているのに、今回は本当に緊張しちゃいました」と話していたが、撮影はすべて一発OKで「ぜひ私の食べっぷりを見てください!」と話した。

 内藤剛志主演でヒラから這い上がった“叩き上げ”の捜査一課長・大岩純一を中心とした熱き刑事たちの奮闘を描く本作。第8話では、不動産会社の御曹司が東京・浅草の廃工場で死体となって発見される事件が発生し、謎の大食い女性“あやか”(内山理名)が容疑者として浮上する。もえのが演じるのは、あやかと同じラーメン店の常連客で、東京・秋葉原を舞台に活躍する大食いアイドル・厚木萌乃(あつぎ・もえの)役。大盛りラーメンを平らげながら、あやかの正体について重要な証言を行う役どころだ。

 早朝から都内のラーメン店を借りて行われたロケでは、平井真琴役の斉藤由貴との証言シーンや、謎の大食い女性“あやか”を演じる内山理名との回想シーンなどを撮影。監督から「普段の“もえあず”らしさを出しつつ、少々オーバー気味に演じて」というオーダーを受け、「いつもの3割増しでアイドルらしさを強調する感じで演じました」。

 最高でラーメン20杯を平らげた記録を持つもえのは、撮影だけでは足りなかったようで、「実は、シーンの合間に隠れてちょこっと食べちゃいました(笑)」と告白。演技を超えておいしそうにラーメンを味わうその姿に、スタッフも「本当に幸せそうに食べるなぁ…」と感心、現場をなごませていた。



関連写真

  • テレビ朝日系『警視庁・捜査一課長』第8話(6月8日放送)より。もえのあずきがゲスト出演(C)テレビ朝日
  • ラーメン店を訪れた平井真琴(斉藤由貴)は大食いアイドル・厚木萌乃(もえのあずき)の食べっぷりにびっくり(C)テレビ朝日

オリコントピックス