• ホーム
  • 芸能
  • 天海祐希主演『緊急取調室』主人公が撃たれる…ラスト2回は怒とうの展開

天海祐希主演『緊急取調室』主人公が撃たれる…ラスト2回は怒とうの展開

 テレビ朝日系で放送中のドラマ『緊急取調室』(毎週木曜 後9:00)。きょう8日放送の第8話は予告映像からして内容盛りだくさん。警視庁の取り調べ専門チーム「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」の「最後の事件」という振りに、天海祐希演じる主人公・真壁有希子の亡き夫・匡(眞島秀和)にそっくりな“謎の男”が登場し、その男に有希子が拳銃で撃たれてしまうシーンも。怒とうの展開を見せる。

 第8話では、夜間警備をしていた警察官・池田肇(清水優)が、喪服を着た2人組に襲われ、全弾装填済みの拳銃を奪われる事件が発生。被疑者の1人(鶴見辰吾)は現行犯逮捕され、キントリのメンバーが取り調べるも、氏名も年齢も不明な被疑者は完全黙秘を貫き、捜査は混迷を極めていくことに…。

 そんな中、池田の証言をもとに、拳銃を持って逃走中の共犯者のモンタージュが完成。その顔を見た有希子はハッと息をのむ。亡き夫にそっくりだったのだ。その矢先、事件が起こる。盗まれた拳銃で、弁護士の滝沢史子(渡辺真起子)が脚を撃たれたのだ。犯人たちは何者で、その狙いは何なのか…。

 さらに、上層部が内々に、キントリ・メンバーの再編成を決定してしまう。この決定の裏にはどんな企みがあり、キントリは一体どうなってしまうのか!? 15日放送の最終話にかけてキントリ最大の危機も描かれていく。



関連写真

  • テレビ朝日系『緊急取調室』第8話(6月8日放送)より。拳銃を構える真壁有希子(天海祐希)だったが…(C)テレビ朝日
  • テレビ朝日系『緊急取調室』第8話(6月8日放送)より。撃たれて倒れ込む有希子(天海祐希)(C)テレビ朝日

オリコントピックス