• ホーム
  • 音楽
  • “35億”コラボ ついに音源化 ブルゾンちえみ「新しい35億、聴きたくない?」

“35億”コラボ ついに音源化 ブルゾンちえみ「新しい35億、聴きたくない?」

 お笑い芸人・ブルゾンちえみ(26)が、大ブレイクのきっかけとなった「キャリアウーマン」ネタのBGMとして使用している米歌手オースティン・マホーン(21)の「ダーティ・ワーク」とコラボレーションした音源「Dirty Work Blouson Chiemi Remix」が、きょう8日に緊急リリースされることが決定した。

 ブルゾンちえみは後輩芸人コンビ“with B”ことブリリアンを従え、「効率的な仕事ぶり、充実した私生活」を語るキャリアウーマンネタでブレイク。そのBGMとして使用したマホーンの「ダーティ・ワーク」もあわせて話題となり、4月には日本テレビ系『行列のできる法律相談所』で両者が初対面。5月末からはブルゾンが出演するNTTドコモCM「綾野、得ダネ記者辞めるってよ」篇で同曲が使用されている。

 きょう配信リリースされる「Dirty Work Blouson Chiemi Remix」は、「ダーティ・ワーク」発売元のユニバーサルミュージックとオースティンサイドからコラボをオファーし、ブルゾンが快諾して実現。ブルゾンが「あ〜女に生まれてよかった!」「だって、地球上に男は何人いると思っているの?」「35億」「あと5000万人」といったおなじみのフレーズを合いの手のように入れ、新たなアレンジが施されたリミックス版は、お笑いネタの枠を飛び越え、クールな仕上がりとなっている。

 今作のためにジャケット撮影も行われた。4月末にマホーンが来日した際、帰国日の朝、1時間だけ奇跡的にスケジュール調整がつき、2人は再会。フォトセッションを行い、いい雰囲気の大人なジャケットが完成した。

 ブルゾンは「オースティンとブルゾン、コラボレーションしました! コラボすることで、今までのダーティ・ワーク、いままでのキャリアウーマンネタとは、また違った、新しいものになってます。新しい35億、聴きたくない? Check it out !」と呼びかけ。マホーンは「曲を使ってくれて感謝してるんだ。ちえみさんと何かを一緒にクリエイトしたいと考えていたから、共演できて光栄だよ。これからもいろいろ一緒にできたらうれしいな」とコラボを喜んだ。

 今作は配信限定リリース。きょう8日から主要配信サイトでのダウンロード、ストリーミング配信がスタート。



オリコントピックス