• ホーム
  • 芸能
  • 西山茉希、事務所問題で現状報告と謝罪「弁護士に任せて進めております」

西山茉希、事務所問題で現状報告と謝罪「弁護士に任せて進めております」

 モデルの西山茉希(31)が6日、自身のインスタグラムとブログを更新。所属事務所の過酷な待遇を一部週刊誌を通じて伝えたことについて「この度は突然の報道でお騒がせしまして申し訳ありませんでした」と謝罪し「報道でもある様に弁護士さんにお任せして進めております」と現状を伝えた。

 週刊誌では、西山が所属事務所から2月以降給料が支払われていないことや、妊娠を機に給料が半額にされたこと、デビュー以降13年間昇給がなかったなどが伝えられた。

 西山は「先日記者の方の取材を受け、この様な形で、現在連絡の取れなくなってしまっていた関係者の皆様、見守ってくださっている皆様へ伝わることになりました」と、今回の報道に至る経緯を明かし「本来であれば、きちんと自分の発信で現状をお伝えしなければいけないのですが、判断のつかない日々を過ごしているうちに今日に至りました」と説明。

 続けて「こうしてSNSでしか届けることのできない現状は、関係者の皆様へ大変失礼なことかもしれません。すぐに対応し、ご連絡を受け付ける場所がないことを深くお詫び申し上げます」と伝え「現在は、報道でもある様に弁護士さんにお任せして進めておりますので、ご連絡等は弁護士さんの方を窓口とさせていただいております」とした。

 最後は「見守ってくださっている皆様、たくさんの支えとなるお言葉を、本当にありがとうございます」と感謝。「皆さんのお言葉が、私の力となります。深く感謝いたします。 取り急ぎの言葉となってしまいますが、今後ともどうぞ宜しくお願いいたします」と呼びかけ「この件で今日までご迷惑、ご心配おかけした皆様に改めて深くお詫び申し上げます。本当にすみませんでした」と重ねて謝罪の言葉で結んだ。

 西山の訴えに対し事務所の社長は、きょう6日にTBS系『ビビット』(月〜金 前8:00)の電話取材で「給料を払っていなかったわけじゃない。給料を止めたんです。ドラマをやる予定が、子どもができてとばしたわけです。仕事をちゃんと考えてないわけですよ」など猛反論した。



オリコントピックス