• ホーム
  • 芸能
  • 松岡茉優&オリラジ藤森、ディズニー/ピクサー映画初参加 『カーズ』最新作

松岡茉優&オリラジ藤森、ディズニー/ピクサー映画初参加 『カーズ』最新作

 女優の松岡茉優と、お笑い芸人・藤森慎吾オリエンタルラジオ)が、ディズニー/ピクサー映画『カーズ/クロスロード』(7月15日公開)の吹き替え声優に起用されたことが発表された。2人もディズニー/ピクサー作品初参加。松岡は「ヒップホップをたくさん聴いて」アフレコに挑み、藤森は「念願かなったな、という思い」と喜びもひとしおだ。これまでのシリーズを支えた『カーズ』声優たちの続投も発表された。

 2006 年、ラセター氏が監督・脚本を手掛けた『カーズ』は、自信過剰な新人レーサーとして登場した真っ赤なボディのスポーツカー、ライトニング・マックィーンが、田舎町“ラジエーター・スプリングス”に迷い込んだことで、本当に大切な事に気づいて成長する物語で、全世界、そして全世代を感動させた。

 2011年のシリーズ2作目『カーズ2』を経て、3作目となる『クロスロード』では、新たなハイテク世代の台頭と、大クラッシュという自身のレース人生を揺るがす挫折により、マックィーンは新たな相棒クルーズとともに“人生の岐路=クロスロード”に立ち、運命の決断を迫られる。

 松岡が演じるのは、マックィーンの相棒となる、テクノロジーの知識が豊富なトレーナーのクルーズ。マックィーンの大ファンであり、再びレースに戻ってもらいたいと思っている女の子だ。「選んでいただいてうれしい気持ちが、あったのですが、それでも怖いっていう気持ちもすごく大きくて、子どもの時からずっと観ていたディズニー作品ですし、私に務まるのかなという不安がありました。でも台本を読んでいく内に、本当にクルーズのことが大好きになって、ぜひ、私が演じきりたいというふうに気持ちがどんどん前に向いていきました」。

 藤森は、マックィーンを窮地に追い込む史上最強のライバルで、生意気な次世代レーサー、ストームの声を演じる。「ずーっとディズニー/ピクサー作品の声優さんをやりたかったのですが、その夢がかなって飛び跳ねて喜びました」と語り、「僕はやっぱり芸人をやっているので、『ファインディング・ニモ』シリーズの木梨憲武さんや、『モンスターズ・インク』の石塚英彦ホンジャマカ)と田中裕二爆笑問題)にすごく憧れました。マックィーンは僕の中でもスターでヒーローなので、今回マックィーンを追いつめる役を演じるのは心苦しかったんですが、最終的にはストームの気持ちになれたんで、『マックィーン倒してやろう、先輩倒してやろう』っていう気持ちが芽生えてきました」と明かしていた。

 これまでの「カーズ」シリーズの声優も続投。マックィーン役の声優・土田大は、「2006 年のカーズからマックィーンともずいぶんと長いおつきあいになりました。ルーキーから始まり今作では引退? 後進指導? がむしゃらに突っ走ってた若き日、そして立ちはだかる壁を乗り越えながら進んだ先にちらつく限界と言う言葉…その時はたして何を選択するのか。まさに自分に問いかけながら挑んだ作品でした」。

 マックィーンを相棒として支えてきたメーター役のぐっさんこと山口智充は、「レースのシーンの臨場感や迫力というものがすごい作品です。僕も楽しみにしておりますし、『カーズ』って車しか出てこない不思議な作品ですが、だんだん車たちが人間に見えてくるというか、生々しいくらい人間くさいこの『カーズ』の中にあるにおいが僕は大好きです。最高のエンターテインメントなので劇場で思いっきり楽しんでいただければと思っております」。

 サリー役を演じてきた戸田恵子は「カーズを初めて観た時の感動は忘れられません。私たち人間社会と全く同じ気持ちで観る事ができました大切なことはいつの世もどの世界も同じなんだと。サリーはいつもユーモアセンスにあふれていて、そして温かい」と再び演じられることを喜んでいた。



関連写真

  • シリーズの最新作『カーズ/クロスロード』(7月15日公開)の声優として、松岡茉優と藤森慎吾(オリエンタルラジオ)の2人が初参加(C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • シリーズの最新作『カーズ/クロスロード』(7月15日公開)メーター(山口智充)&サリー(戸田恵子)の場面写真(C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

オリコントピックス