• ホーム
  • 芸能
  • 香取慎吾、20年の再会に感激 スマスマ思い出のキャンバス列車を修復

香取慎吾、20年の再会に感激 スマスマ思い出のキャンバス列車を修復

 元SMAP香取慎吾が、7日放送のフジテレビ系『おじゃMAP!!』(毎週水曜 後7:00)に出演。1997年9月22日放送同局『SMAP×SMAP特別編・香取慎吾ガンバリます!〜 夢のキャンバス鉄道〜』で青森・津軽地方の子供たち9人と共に津軽鉄道の列車一両に描いたアート作品を20年ぶりに修復することとなった。当時、手伝ってくれた小学校4年生から6年生の子供たちとも再会にも密着する。

 すでに2000年に車輌は運行を終え、その後、屋外に展示されて訪れた人の心と目を楽しませ続けてきたが、長い期間、風と雨、さらに雪にさらされたことから列車は次第に劣化。「なんとか描きなおしてシンボルを復活させてほしい」という津軽鉄道に乗り津軽の魅力を伝える津軽観光アテンダントの女性から番組に依頼が届き企画が実現した。

 現在、キャンバス列車が展示されている嘉瀬駅にやってきた香取は、ひたすらに塗り、描き、列車と3日間かけて向き合うこととなった。そしてそんな香取を慰労するためアンタッチャブル・山崎弘也も駆けつける。そして修復に着手するにあたり香取は当時手伝ってくれた子供たちに連絡をとることになった。

 20年ぶりに再会した子供たちもそれぞれ、当時は想像もしていなかった人生を歩んでいた。香取は子供たちとともに自らの過去を振り返りながら、変わらないもの、変わらないわけにはいかなかったものに思いをはせる。子供たちが歩んだ20年と自身が歩んだ20年、彼らと香取との意外な交流などさまざまな「20年」が浮き彫りになっていく。そして、香取と子供たちの時を越えた絆が列車を蘇らせる。



オリコントピックス