• ホーム
  • 芸能
  • SHELLY、第2子誕生に期待「コウノトリさん、お待ちしています」

SHELLY、第2子誕生に期待「コウノトリさん、お待ちしています」

 タレントのSHELLYが5日、都内で行われた『メリーズ赤ちゃん気持ちいい研究室 特別研究員就任式』に出席。昨年1月に産まれた長女から「初めて『マミィ』って言われて感動でした!」と、育児トークを展開した。

【写真】その他の写真を見る


 ベビー用紙おむつ市場において10年連続売上No.1を達成しているメリーズは、おむつや肌に関する赤ちゃんの“気持ちいい”のヒントや情報を発信するWEBサイト『メリーズ赤ちゃん気持ちいい研究室』を開設。その特別研究員に任命されたSHELLYは白衣にメガネを掛けて登場し、同商品がいかに水を通さないか青い液体を使って実験。紙おむつから一滴も漏れないことに「本当にすごい!」と驚きを隠せない様子だった。

 自身の長女は、まだ1歳だがよく動き回るそうで、「もう歩くし、よく走ります。物に登るのが好きで、私の腕に登ってくるんです」と“母の顔”でニッコリ。実際に同商品を使い続けており、パッケージに印刷されたマスコットキャラ・メリーズうさちゃんに「うさちゃんにチューするんです。かわいくない? ウチの子!」とハイテンションで親バカぶりを披露していた。

 長女には基本的に英語で話しかけているというSHELLY。言葉を話すようにはなってきたが、なかなか「マミィ」だけは言ってくれなかったそう。「ダディも、グランパもグランマも、私の姉の名前さえも呼んでいたのに、意地なのかと思うぐらい、私のことを呼んでくれなかった。それが今朝、ご飯の支度をしていたら『マミィ!』って…。やっと言ってくれて、抱きしめました」と、“初マミィ”に顔をほころばせていた。

 気になる第2子については「私も姉がいたので、楽しいだろうなと思います。近いうちにはぜひと思ってます。コウノトリさん、お待ちしています」と呼びかけた。また、長女の将来の職業について聞かれると、「やりたいものをやってくれればいい」と言いながらも、「ママとしては、医者になって“国境なき医師団”に入って、5年から10年世界でもまれて、日本に帰ってきてその経験を生かしてもらいたい。迷惑なママですいません」と、娘の将来に壮大な期待を寄せていることを告白していた。



関連写真

  • マスコットキャラ・メリーズうさちゃんを抱きかかえて笑顔のSHELLY (C)oricon ME inc.
  • 白衣とメガネ姿で実験に興じるSHELLY (C)oricon ME inc.
  • 白衣とメガネ姿で実験に興じるSHELLY=『メリーズ赤ちゃん気持ちいい研究室 特別研究員就任式』 (C)oricon ME inc.
  • 白衣とメガネ姿で実験に興じるSHELLY =『メリーズ赤ちゃん気持ちいい研究室 特別研究員就任式』(C)oricon ME inc.

オリコントピックス