• ホーム
  • 芸能
  • 『ワイドナ』ツイート誤用を謝罪 松本人志「緊張感をもって」

『ワイドナ』ツイート誤用を謝罪 松本人志「緊張感をもって」

 先月28日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』(毎週日曜 前10:00)で、宮崎駿監督の過去の「引退発言」として紹介された内容がネット上の“ネタツイート”の引用ではないかと指摘されていた問題で、4日放送の番組内で発言が、宮崎監督のものではなかったことを認め謝罪した。

 番組冒頭に、同局の秋元優里アナウンサーが「5月28日放送の『ワイドナショー』において『宮崎駿 引退撤回 新作アニメ始動!』というニュース項目を放送しました」と説明。「その際に宮崎氏の引退宣言集として紹介したフリップ内容は宮崎氏本人の発言ではなかった事が明らかになりました」と読み上げ、「宮崎氏及び関係者の皆様にご迷惑をおかけしました。そして視聴者の皆様に誤解を与えてしまった事、深くお詫び申し上げます」とMCの東野幸治とともに謝罪した。

 謝罪を受け松本人志も「こういう時があったときスタッフに丸投げするのは嫌なんですよ」と自身の見解を述べつつ「今度、もしこういうことがあった時はワイドナショーを降りようと思っています」と断言。「ボケなのかマジなのかどっちなんです?」と東野に問われると「マジです」と伝えた。

 続けて「責任をとるという意味ではないですよ。そんなかっこいいことではなく、それぐらい失敗のない、緊張感をもってニュースを扱うということはそういうこと、やらないといけないない。(次起きたら)降板します。それでみんなの緊張感が高まればいいかなと思います」とした。



オリコントピックス