• ホーム
  • 芸能
  • 裏方が晴れの舞台に 音響スタッフ必須の“8の字巻”グランプリ開催

裏方が晴れの舞台に 音響スタッフ必須の“8の字巻”グランプリ開催

 ライブ、コンサート、ミュージカル、演劇、スポーツイベントなど、様々なショーに必要な演出機材やサービスの見本市『第4回ライブ・エンターテイメントEXPO』にて6月1日、“裏方が晴れの表舞台へ!”をコンセプトに『マイクケーブル8の字巻グランプリ2017』が開催された。

【写真】その他の写真を見る


 “8の字巻”とは、音響技術者が初めに覚えるプロの技であり、8の字形でマイクケーブルを巻いて置き、次に使用する際に使いやすくしておくという、音響スタッフ必須の技術。

 そんな8の字巻の速さ・確実さ・美しさ・作業姿を、3名の審査員が審査。全24名の参加者から予選を通過した3名に加え、昨年の上位3名を加えた全6名が決勝に参加、音響技術者から専門学生まで、多岐に渡る職業の人たちが8の字巻の技術を披露。優勝した神尾将也さんには、金メダルと賞金10万円が授与された。

 『第4回ライブ・エンターテイメントEXPO』は、5月31日〜6月2日の3日間、千葉・幕張メッセで開催。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



関連写真

  • 『第4回ライブ・エンターテイメントEXPO』にて、『マイクケーブル8の字巻グランプリ2017』が開催
  • 『第4回ライブ・エンターテイメントEXPO』にて、『マイクケーブル8の字巻グランプリ2017』が開催

オリコントピックス