• ホーム
  • 芸能
  • 紺野あさ美アナ、テレ東退社を報告「本当に宝物です」

紺野あさ美アナ、テレ東退社を報告「本当に宝物です」

 プロ野球・ヤクルトの杉浦稔大投手(25)と結婚した、紺野あさ美アナウンサー(30)が2日、自身のインスタグラムを更新し、テレビ東京を5月31日に退社したことを報告。「テレビ東京での様々なお仕事を通じて知り合うことのできた大先輩・先輩・後輩達本当に宝物です」と感謝の言葉を伝えた。

 「5月31日でテレビ東京を退社しました」と報告した紺野アナは、きのう1日に、同局の『なないろ日和!』(月〜木 前9:28〜)で共演していた薬丸裕英(51)をはじめ、大橋未歩アナ(38)、林克征アナ(32)に焼肉屋で送別会をしてもらったことを写真付きで報告。

 「なないろ日和で共演してから夫婦共々、可愛いがって下さる本当に優しい薬丸さん。退社日の次の日にこんな素敵なお店に連れていって下さり、そして個別でも送ってくれたのに花束をもって来て下さった未歩さん、林さん本当にありがとうございました!」と感謝した。

 「アナウンサーのイメージなのかイジメがあるんじゃないの?なんてよく言われますが一切イジメ受けてないです(笑)こんなにもこんなにも素敵な先輩達ばかり」と思いをつづり、最後は「5月いっぱいで退社しましたがテレ東で働けてよかった! 大好きな会社です!」と結んでいる。

 紺野アナは、2001年に「モーニング娘。」5期メンバーとしてとして14歳でデビュー。『NHK紅白歌合戦』に連続出場するなど、グループの黄金期の一翼を担った。人気絶頂の06年にモー娘。を卒業するが、その理由が大学進学を目指し、高等学校卒業程度認定試験を受験するためだったことも、当時、大きな話題を呼んだ。AO入試で慶應義塾大学に入学し、環境情報学部で学びながら芸能活動に復帰。すると、今度はアナウンサー試験を受けて合格し、11年4月より同局アナウンサーとして活躍した。



オリコントピックス