• ホーム
  • 芸能
  • 石原さとみ『地味スゴ』SPで復活 連ドラ版メンバーも再集合

石原さとみ『地味スゴ』SPで復活 連ドラ版メンバーも再集合

 石原さとみ主演で昨年10月に放送された日本テレビ系連続ドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』が今秋、スペシャルドラマ『地味にスゴイ!DX 校閲ガール・河野悦子』として復活することがわかった。菅田将暉本田翼岸谷五朗をはじめとした連ドラでおなじみのレギュラーメンバーに加え、ゲストとして木村佳乃佐野ひなこらも出演することが決定した。

 同ドラマは、宮木あや子氏による『校閲ガール』シリーズ(KADOKAWA・角川文庫刊)が原作。ファッション誌の編集者を目指すオシャレ女子・河野悦子(石原)が、“地味”な校閲部に配属されながらも前向きに仕事に奮闘する姿が人気を集め、世帯平均視聴率12.4%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)を記録。今回のスペシャルドラマの舞台は、悦子が念願かなって校閲部からファッション誌『Lassy』編集部に異動して一年後を描く。

 小説家・幸人(菅田)との関係も順調な悦子だが、ある日『Lassy』にスゴ腕の新編集長・二階堂凛(木村)がやってくる。創刊当時からのベテランスタッフのクビを切るなど、新編集長の冷酷なやり方に悦子は猛反発するが、校閲の存在をバカにされ編集部も追い出される始末…。さらに、幸人には若くて新しい担当編集者・橘花恋(佐野)が現れ、悦子は仕事も恋も窮地に立たされたる。

 続編制作の報せを聞いて、石原は「帰ってきました、河野悦子!メチャメチャうれしかったです!」とよろこびを爆発。「『天職って何だろう?』『夢って何だろう?』『好きな事って何だろう?』って色々考えさせられて…悦子の最後の選択にはすごくスッキリさせられました。連ドラで『どうなるの?』って気になってくださった方は今回のスペシャルでスッキリ見て頂けると思います」と自信を込める。

 一方、続投となった菅田も「とにかく明るくて仲の良い現場だったので(みんなと)会うのが楽しみでした」と再集合に歓喜。石原いわく「すごいスピードで展開」する幸人と悦子の関係はもちろん、菅田は「スペシャルドラマならではの『今まで見せたキャラクターのその後』が面白いです。『あっ!その2人の関係性はそんな発展の仕方をしてたんだ!』とか…」とこちらも気になるところだ。

 また、同ドラマは石原が着こなす派手でカワイイファッションがみどころとなっていたが、今回はその数なんと、31ポーズ。石原は「ぜひ、秋の放送を楽しみにしていてください!」と呼びかけている。



オリコントピックス