• ホーム
  • 音楽
  • KinKi Kids、800人限定ライブで熱唱 MTV人気企画に登場

KinKi Kids、800人限定ライブで熱唱 MTV人気企画に登場

 人気デュオ・KinKi Kidsが31日、東京・豊洲PITで開催されたライブイベント『MTV Unplugged:KinKi Kids』に出演した。堂本光一いわく「いつもと違った雰囲気のなかで音楽を届けられたら」と、ベーシスト・吉田建らサポートバンドの演奏にあわせ、約90分間で12曲を熱唱。招待客800人という超プレミアムな空間で、息の合ったハーモニーを響かせた。

 「硝子の少年」「愛されるより愛したい」など初期のヒットナンバーから「月光」「Love is…〜いつもそこに君がいたから〜」など人気アルバム曲、最新曲「道は手ずから夢の花」まで、バラードやアップテンポな曲もいつもとは一味と違ったアレンジでたっぷりと聞かせた。堂本剛は「独特な空間になっているけど、こういう空間でみなさんと音楽を共有するのも贅沢」と噛み締めた。

 観客との距離が近いライブなだけに前列で涙するお客さんを発見した光一が「歌を聞いて泣いてくれるんだ!?」とイジリ、堂本剛が「この方(光一)にはそういう感情がない。僕はなりますよ?」と笑わせる場面も。「全部だきしめて」の歌唱後には光一が「合いの手いらなかったな」とボヤくと「もう一回!」コールが起こり「しません! 無料(招待)だから!」と“ツンデレ”をさく裂させた。

 ラストは人気バラード「愛のかたまり」「もう君以外愛せない」をしっとりと披露。最近は歌番組でも歌唱時間の制約があることに触れ、光一は「これだけたっぷり歌わせてもらえたのはうれしかったし、曲の良さもこういう形で伝わるんじゃないか」と満足そう。一方で「現実に戻ってください! アンコールもありません!」と再び塩対応の光一に、剛も「ここの時間もありますので!」と乗っかりつつも「みなさん、また会いましょう」と約束していた。

 『MTV Unplugged』とは“プラグを抜いた”の意味の通り、アコースティックな手法とオーディエンスとの親密な距離感にこだわったライブ企画。7月17日午後7時、30日午後5時からMTVにて放送され、これに先立って日本テレビでは同16日深夜1時25分から『KinKi Kids20周年記念ライブ特別番組(仮)』として同ライブの模様を紹介する。



オリコントピックス