• ホーム
  • 芸能
  • ジャック・スパロウ人気健在 6年ぶり最新作、全米・中国・ロシアで大ヒット

ジャック・スパロウ人気健在 6年ぶり最新作、全米・中国・ロシアで大ヒット

 人気映画シリーズ6年ぶりの新作『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』が、全米で現地時間26日に公開され、週末3日間で興行収入6200万ドル超え、初登場第1位の大ヒットスタートを切った。中国、フランス、ドイツ、ロシアなどでも同週末に公開され、特に中国は公開3日間の興収が国内歴代3位の6780万ドル、ロシアは週末興行成績歴代1位の1810万ドルと記録的なスタートとなり、日本の公開(7月1日)を前に“パイレーツ旋風”が世界中をジャックした。金額はすべてBOX OFFICE MOJO/DEADLINE調べ。

 本作は、孤高の海賊ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)の過去を知る最恐の敵、“海の死神”サラザール(ハビエル・バルデム)との決戦を描くほか、オーランド・ブルーム演じるウィル・ターナーやその息子ヘンリー、そしてキーラ・ナイトレイ演じるエリザベス・スワンが登場することも予告され、注目を集めていた。

 今回、アジア(中国・上海)、ヨーロッパ(フランス・パリ)、アメリカ(ロサンゼル)のプレミアすべてにデップが参加して、作品をPRしたことも功を奏したようだ。

 海外メディアも「(ベールに包まれてきた)ジャック・スパロウの誕生の秘密がわかる映画! 皆が彼を愛する理由を再確認できる作品!」(MOVIEWEB)、「ジョニー・デップ(ジャック・スパロウ)の航海はまだまだ続いていた!」「『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』以来の傑作だ!」(THE WRAP)と絶賛している。

 各地でのプロモーションの中でデップは「この1作目の話しを最初にもらった時、まだ脚本はなかったんだ。脚本というもの自体が存在していなかったんだよ。アトラクションの『パイレーツ・オブ・カリビアン』をベースにした映画をやってみないかと持ち掛けられたんだ」と、最初の出会いを振り返り、キャラクターが今でも愛され続けている理由について「これは数ある中一つで重要な部分でもあるけど、彼が不遜な奴だということだね。それは無邪気さに近くて、つまり、ジャックには純粋さがあるからじゃないかと思うんだ」と考えを明かしていた。最新作には壮大な大冒険の中にも、ジャックのユーモアあふれる思わず笑ってしまう演出が満載されている。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



オリコントピックス