• ホーム
  • 芸能
  • 『ワイドナショー』宮崎駿監督の“引退発言”真偽確認せず 公式サイトで謝罪

『ワイドナショー』宮崎駿監督の“引退発言”真偽確認せず 公式サイトで謝罪

 28日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』(毎週日曜 前10:00)で、宮崎駿監督の過去の「引退発言」として紹介された内容がネット上の“ネタツイート”の引用ではないかと指摘されていた問題で、同局は29日、発言が宮崎監督のものではなかったことを認め番組公式サイトで謝罪した。

 番組では宮崎監督の「引退撤回」のニュースを取り上げた際に、「宮崎駿引退宣言!?」と題したフリップを使用し、過去に7回宮崎監督が引退を示唆する発言をしていたと紹介。しかし、フリップの内容が2013年に一般のネットユーザーが創作した“ネタツイート”に酷似しているとして、引用ではないかと放送直後からネットで物議を醸していた。

 これを受け番組側は29日、公式サイトで「2017年5月28日(日)10:00〜11:15放送の『ワイドナショー』において『宮崎駿“引退撤回”新作長編アニメ始動!』という内容を放送いたしました。その中で宮崎駿氏の過去の引退に関わる発言としてフリップで紹介した内容が、実際には宮崎駿氏の発言ではなかったことが分かりました」と発表。「真偽を確認しないまま放送に至り、宮崎駿氏並びに関係者の皆様、視聴者の皆様にご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪している。



オリコントピックス