• ホーム
  • 芸能
  • 和田正人、野村萬斎とのBL妄想で役作り「誰よりも愛している」

和田正人、野村萬斎とのBL妄想で役作り「誰よりも愛している」

 俳優の和田正人が29日、都内で行われた映画『花戦さ』(6月3日公開)完成披露上映会に出席。同作で、野村萬斎演じる池坊専好の弟弟子・池坊専武を演じているが「この役は、専好さんの周りで翻ろうされながらも、専好さんのことを尊敬し、大好きで誰よりも愛している役です」とアピールした。

 そんな役になりきるため、萬斎への思いを高めていったといい「僕は、萬斎さんのことを大好きになろうとずっと妄想しながら、この期間やってまいりました」と告白。「そんな僕のボーイズラブといっても過言ではないような、この熱い萬斎さん愛をこの作品で少しだけ味わっていただければと思います」と笑わせていた。

 同作は、鬼塚忠氏の著書『花いくさ』(角川文庫)をもとに、豊臣秀吉と華道家元・初代池坊専好の伝説に着想を得た物語が描かれる時代劇。戦国時代、時の天下人となった秀吉に対して、専好が刃でなく花をもって仇討する。

 会見にはそのほか、中井貴一佐々木蔵之介佐藤浩市山内圭哉森川葵吉田栄作篠原哲雄監督も出席し、高円宮妃久子殿下・絢子女王殿下がご臨席された。



関連写真

  • 映画『花戦さ』の完成披露上映会に出席した和田正人 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『花戦さ』の完成披露上映会に出席した野村萬斎 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)篠原哲雄監督、和田正人、吉田栄作、中井貴一、野村萬斎、佐藤浩市、佐々木蔵之介、山内圭哉、森川葵 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス