• ホーム
  • 芸能
  • 脳梗塞で入院の桂ざこば「会話もできる」 娘・関口まいが現状報告

脳梗塞で入院の桂ざこば「会話もできる」 娘・関口まいが現状報告

 「左中大脳動脈閉塞症」「塞栓性脳梗塞」と診断され、入院している落語家の桂ざこば(69)の娘でタレントの関口まい(34)が29日、自身のブログを更新。ファンや関係者に謝罪するとともに、ざこばの現状について「自分で歩いて お手洗いにも行きますし 食事も一人でお箸を使って食べています」と報告している。

 「お知らせとお詫び」のエントリーで関口は「この度は、父 桂ざこばのことで ご心配やご迷惑をお掛け致しまして 申し訳ございません」とお詫び。ざこばについて「今の状態ですが、自分で歩いて お手洗いにも行きますし 食事も一人でお箸を使って食べています。また、家族との会話もできていますし、大好きな囲碁のテレビも観ています」と明かした。

 ざこばは27日に大阪市内の病院に緊急入院。所属事務所によると精密検査の結果、「左中大脳動脈閉塞症」「塞栓性脳梗塞」と診断され、1ヶ月以上の入院加療が必要となる。これに伴い大阪松竹座六月公演『銀二貫』(6月1日初日)をはじめ、公演・TV・落語会は当面休演する。

 関口は「6月の松竹座を降板したことを本人はとても残念に思っております。そして皆様にご迷惑をお掛けしたことを気にしておりますが今は復帰に向けて頑張っています」と父の思いを代弁。

 「しばらくはお休みさせて頂きますが、父のことで 応援してくださる方々から たくさんの応援のお言葉をいただき感謝しております。ありがとうございます」と伝え、「どうぞ、復帰の際には また応援してやってくださいませ。よろしくお願い致します」と呼びかけている。



オリコントピックス