• ホーム
  • 芸能
  • 福士蒼汰&工藤阿須加、監督からの言葉に男泣き「僕の大きな財産になった」

福士蒼汰&工藤阿須加、監督からの言葉に男泣き「僕の大きな財産になった」

 俳優の福士蒼汰が27日、都内で行われた主演映画『ちょっと今から仕事やめてくる』の初日舞台あいさつに、共演の工藤阿須加小池栄子吉田鋼太郎成島出監督とともに登壇。成島監督からサプライズで贈られたねぎらいの言葉に、福士と工藤の二人は感極まり大粒の涙を流した。

【写真】その他の写真を見る


 北川恵海の人気小説を原作に、『八日目の蝉』『ソロモンの偽証』の成島出がメガホンをとる本作。ノルマが厳しい“ブラック企業”に勤め、心身ともに疲弊した青山隆(工藤)が、幼なじみを名乗る謎めいた男・ヤマモト(福士)との交流を通じて、生き方を模索する様子を描く。

 舞台挨拶の終盤、成島監督は福士と工藤に対して「正直、最初はきついなと思ったので、二人を相当追い詰めました。僕にしごかれながら、つぶれそうになったときもあったと思うけど、本当に頑張ってくれました」と語り、「これから日本映画界を背負っていく俳優がここに誕生したと思います。本当にありがとうございました」と称え、二人と熱い抱擁を交わす。

 真剣な面持ちで監督の話を聞いていた福士は「ありがとうと言うのは僕のほうだと思います」と言葉を詰まらせ、「僕を役者として育ててくれたのは、成島監督だなと思います。これからも役者人生を歩んでいきますが、今の気持ちはたぶん一生忘れないです。今回の作品、そして成島監督に出会えたことは、僕の大きな財産になったと思います。ありがとうございました」と大粒の涙を流した。

一方の工藤も感極まりながら「最初にこの話をいただいたときは、正直不安しかなかった」と当時の想いを打ち明け、「でも、役者として生きていくためにはどうしたらいいかわからないとき、監督が愛をもって教えてくれました。本当に感謝の気持ちしかないです。次に成島さんの監督作に出させていただく時は、僕らが監督を助けられるような役者になって、いつか必ず成島さんに恩返ししたいです」と感謝の想いを伝えた。



関連写真

  • 映画『ちょっと今から仕事やめてくる』初日舞台あいさつに登壇した福士蒼汰(右)と工藤阿須加(左)(C)ORICON NewS inc.
  • 成島出監督からのねぎらいの言葉に感極まる福士蒼汰(C)ORICON NewS inc.
  • 成島出監督からのねぎらいの言葉に感極まる工藤阿須加(C)ORICON NewS inc.
  • 成島出監督からのねぎらいの言葉に対して、涙ながらに感謝の想いを伝えた福士蒼汰(右)と工藤阿須加(左)(C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ちょっと今から仕事やめてくる』初日舞台あいさつに登壇した(左から)小池栄子、工藤阿須加、福士蒼汰、吉田鋼太郎、成島出監督(C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ちょっと今から仕事やめてくる』初日舞台あいさつに登壇した福士蒼汰(C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ちょっと今から仕事やめてくる』初日舞台あいさつに登壇した工藤阿須加(C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ちょっと今から仕事やめてくる』初日舞台あいさつに登壇した小池栄子(C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ちょっと今から仕事やめてくる』初日舞台あいさつに登壇した吉田鋼太郎(C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ちょっと今から仕事やめてくる』初日舞台あいさつに登壇した成島出監督(C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス