• ホーム
  • 芸能
  • 小島梨里杏、母親役に初挑戦「“愛”は絶対にあります」

小島梨里杏、母親役に初挑戦「“愛”は絶対にあります」

 女優の小島梨里杏(23)が、31日放送のTBS系連続ドラマ『3人のパパ』(毎週水曜 後11:56)第7話からゲスト出演することが28日、わかった。小島は主演の堀井新太(24)ら演じる3人のパパのもとに突如現れた赤ちゃん、晴大の母親・坪井亜沙美を演じ、自身初の母親役に挑戦する。

 同ドラマは、主人公の拓人(堀井)、ともにシェアハウスで暮らす恭平(山田裕貴)、朔(三津谷亮)ら今を生きる“ゆとり・さとり世代”と呼ばれる男たちが、過去の無責任な行動が原因で赤ちゃんを育てることになり、困難にぶつかりながらも目の前の命と向き合い、共に成長する姿を描くハートフルコメディー。

 小島は「傍から見たら常識外れだと思いますし、ダメな母親かもしれません。まだ完全に母親になりきれない亜沙美ですが、それでも母親としての“愛”は絶対にありますし、晴大を思う気持ちは誰にも負けたくないと思って演じました」と告白。「そんな亜沙美が“3人のパパ”と晴大と関わってどう変わっていくのか、注目して見ていただけるとうれしいです」と呼びかけている。

 なぜ、母親は晴大をシェアハウスに預けたのか? 3人のうち誰が本当のパパなのか――晴大の母親の登場によって、物語は急展開を迎える。



関連写真

  • TBS系連続ドラマ『3人のパパ』に出演する小島梨里杏 (C)TBS
  • TBS系連続ドラマ『3人のパパ』に出演する小島梨里杏 (C)TBS

オリコントピックス