• ホーム
  • 音楽
  • レベッカ、初の舞台あいさつ決定 32年前のライブ秘話をトーク

レベッカ、初の舞台あいさつ決定 32年前のライブ秘話をトーク

 ロックバンド・REBECCA(レベッカ)が、6月25日に全国各地の映画館で行われる劇場版『REBECCA LIVE ’85 Maybe Tomorrow Complete』の1日限定上映会に登壇し、自身初の舞台あいさつを行うことが決定した。メンバーは東京・新宿バルト9に登場する。

 レベッカは、1985年12月の東京・渋谷公会堂公演と86年11月の早稲田大学でのシークレットライブの2本を収録したDVD『REBECCA LIVE ’85-’86 -Maybe Tomorrow & Secret Gig Complete Edition』(7月26日発売)のリリース決定を記念し、6月25日に全国19ヶ所で上映会を実施。ファンの間では伝説化している渋谷公会堂公演の映像が全編ノーカットで上映される。

 新宿で行われる舞台あいさつには、メンバーのNOKKO(Vo)、土橋安騎夫(Key)、高橋教之(B)の3人が登壇(ドラムの小田原豊はスケジュールの都合で欠席)。32年前のライブの思い出や今だから言える裏話などを明かす。

 なお、レベッカはDVD発売前日の7月25日より28年ぶりとなるライブツアーをスタートさせることが決まっている。

■レベッカ舞台あいさつ
日時:6月25日(日)午後3時30分レベッカ登壇(午後4時〜本編上映開始)
場所:東京・新宿バルト9
登壇者:レベッカ(NOKKO、土橋安騎夫、高橋教之) 司会:田家秀樹(音楽評論家)



関連写真

  • 6月25日に初の舞台あいさつを行うレベッカ(左下の小田原豊は欠席)
  • DVDと同時発売されるアナログ復刻盤『REBECCA IV 〜 Maybe Tomorrow 〜』(7月26日発売)

オリコントピックス