• ホーム
  • 芸能
  • 広瀬すず&菅田将暉、公開アフレコに緊張しきり「手汗がすごい」

広瀬すず&菅田将暉、公開アフレコに緊張しきり「手汗がすごい」

 俳優の広瀬すず菅田将暉が25日、都内スタジオで劇場アニメ『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』(8月18日公開)の公開アフレコを行った。大勢の報道陣を前にしてマイク前に立った2人は終始緊張しきりだった。

【写真】その他の写真を見る


 多くのフラッシュを浴びた広瀬は「手汗がすごい。緊張してます」とぎこちない笑顔。今作でアニメ声優に初挑戦した菅田も「地獄とまでは言わないけど、エンターテインメントの世界である種、未完成のものを見せることがない。どうしたらいいのか」と初々しい表情を浮かべた。

 アフレコ中も「(緊張で)ガチガチだね」と笑い合い、NGを出し“公開ダメ出し”を受けた菅田が「今後このようなことがないよう反省します!」と若手らしくハキハキと返答する一幕も。無事に終えると、広瀬は「新感覚でした」と白い歯を見せ、菅田も「なんか裸なのに服を着ていますみたいな顔をしてなきゃいけないような恥ずかしさがあった」と照れ笑いしていた。

 映画監督・岩井俊二氏の名を世に知らしめた名作ドラマとして知られる同作は、1993年に放送され、95年に劇場公開もされた。とある海辺の町を舞台に、夏休みの花火大会の前、クラスのアイドル的存在・なずなに思いを寄せる男子中学生・典道が、時間が巻き戻る不思議な体験に巻き込まれていく、“繰り返される夏の一日”の恋の奇跡を描くラブストーリー。

 収録時の秘話に話題が移ると広瀬は「菅田さんとは初共演。どんな雰囲気なのかなと思って、変に力が入りました。お互いが正面を向いて演技するわけではないからドギマギしてましたけど、そこに宮野(真守)さんがいてくださって心強かったです」と回顧。菅田も「この役はオーディションだった。勝ち取ってやったぜという感じ。瑞々しい中学生役もいまやっておかないと、後々できなくなる。大先輩の2人が助けてくださったのですごい楽しかったです」と充実感をにじませた。

 共演した声優の宮野は「フレッシュでしたね。2人が発するピュアなオーラと一緒にお芝居ができる喜びを感じていました」と2人の声優ぶりを絶賛し「ぜひ、アニメーションの世界へおいでませ!」とラブコールを送っていた。



関連写真

  • 公開アフレコを行った(左から)菅田将暉、広瀬すず (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)菅田将暉、広瀬すず、宮野真守 (C)ORICON NewS inc.
  • 劇場アニメ『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の公開アフレコを行った広瀬すず (C)ORICON NewS inc.
  • 劇場アニメ『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の公開アフレコを行った菅田将暉 (C)ORICON NewS inc.
  • 劇場アニメ『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の公開アフレコを行った宮野真守 (C)ORICON NewS inc.
  • 劇場アニメ『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の公開アフレコを行った(左から)菅田将暉、広瀬すず、宮野真守 (C)ORICON NewS inc.
  • 劇場アニメ『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の公開アフレコを行った(左から)菅田将暉、広瀬すず、宮野真守 (C)ORICON NewS inc.
  • 劇場アニメ『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の公開アフレコを行った(左から)菅田将暉、広瀬すず (C)ORICON NewS inc.
  • 劇場アニメ『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の公開アフレコを行った菅田将暉 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス