• ホーム
  • 音楽
  • 岸野里香、“紅一点”バンドで目指すは武道館 NMBメンバーから刺激「負けたくない」

岸野里香、“紅一点”バンドで目指すは武道館 NMBメンバーから刺激「負けたくない」

 アイドルグループ・NMB48を昨年10月に卒業した岸野里香(22)が“紅一点”で参加するバンド・Over The Topが、31日にメジャーデビューシングル「僕らの旗」を発売。アイドルから一転、バンドのボーカルとして再スタートを切ることとなった。「7月6日の東京と、13日大阪の初ワンマンライブを満員にしたい。そしていつか武道館でワンマンライブをしたいです!」とやる気と熱意に満ちた岸野、そしてバンドメンバーの坂本夏樹(Gt・31)、永見和也(Ba・30)、田中裕基(Dr・30)にインタビューを敢行し、その意気込みや心境などを聞いた。

【写真】その他の写真を見る


 岸野はNMB第1期生として2010年より6年間活動。夢であるシンガーを目指してグループから卒業した。ファンに「絶対に歌で帰ってきます!」と宣言した彼女と、それぞれ別バンドで確かな実力を培ってきたメンバーが集結。以前から突き抜けるような歌声には定評があったが、坂本は「僕のギターはボーカルの声より前に出てしまうこともあって、人によっては(音を)抑えてほしいと言われることもあるんです。でも里香ちゃんの場合は、さらに前に出ようと、声に乗せてくる気持ちが熱い。『私が引っ張って行かな!』みたいな部分が音色に乗ってきていると思います」と岸野の歌唱力に目を見張る。
 
 紅一点ながら普段から4人で和気あいあいと過ごしているようで、「男3人は同じくらいの年齢なんですけど、対等に話せるくらい落ち着いている印象でしたね」(永見)、「想像していたよりも大人っぽい印象で、どっちが年上なんだろうって思うくらい」(田中)とその意外な素顔に驚くメンバーたち。

 岸野は「性格が男っぽいみたいです(笑)。NMB48はお互いがライバルでもあるので、総選挙の期間はメンバー間もピリッとするんです。他のメンバーのツイッターを見て、『私はこうしようかな』とか、考えたりもして…。でも今はメンバーそれぞれ役割が違うから、あまり気は遣わないかもしれない」と互いを尊重しながら、いいバランスを保っていることがうかがえた。

 夢に向かって一歩踏み出した岸野の挑戦をかつて苦楽を共にした仲間たちも応援している。「NMB48 の“一期生会”というのがあって、その時に集まったメンバーは全員が、配信中の曲「僕らの旗」をダウンロードしてくれていました。やっぱり、つらいことも一緒に乗り越えてきたメンバーなので、本当にうれしかったです。山本彩だけは『私は円盤(CD)買うから!』って。それぞれの愛を感じましたね」とうれしそうに語る。

 「私も、メンバーがそれぞれの場所で頑張る姿を見るとうれしいし、『負けたくない、頑張ろう』と、いい刺激になります。グループにいた時も感じていましたけど、離れても一緒にやってきた仲間だし、今までやってきて良かったなって、感動しました」と別々の道に進みながらも強い絆は今なお顕在だ。

 すでに何度か開催したインストアライブでは、「緊張していつも吐きそう」だと話す岸野に、永見は「こういうこと言うじゃないですか。楽屋とかでも緊張しているんですけど、本番には一番強いです」と太鼓判を押し、坂本も「ライブでも、さすがNMB48でやってきただけあって、大阪には礎があるといいますか。熱くて手ごたえがありました」と実感を込めて振り返る。

 メンバーからの絶賛に照れる岸野だったが「やっぱり6年間、劇場に立ってきた経験は大きいなと感じます。NMB48ではMCもしていたので、その場でトークを考えたりはできているんじゃないかな」とどこか誇らしげに笑みを浮かべていた。その言葉の通り、“元アイドル”の肩書は岸野にとって決してマイナスなものではない。そこで確かに、着実に、築いてきた土台を武器にして、新たな仲間と見たこともない世界へと飛び立ととうとしている。



関連写真

  • 岸野里香がボーカルを務めるバンド・Over The Topが、で31日にメジャーデビューシングル「僕らの旗」を発売 (左から)坂本夏樹(Gt)、永見和也(Ba・30)、岸野里香(Vo)、田中裕基(Dr)(C)草刈雅之
  • 岸野里香がボーカルを務めるバンド・Over The Topが、で31日にメジャーデビューシングル「僕らの旗」を発売 (C)草刈雅之

オリコントピックス