• ホーム
  • 芸能
  • 『Japan Expo 2017』今年は“日本のアニメ100周年”をお祝い

『Japan Expo 2017』今年は“日本のアニメ100周年”をお祝い

 フランス・パリで開催されるヨーロッパ最大の日本カルチャー発信イベント『Japan Expo 2017』(7月6〜9日)プレス発表会が24日、都内で行われた。

【写真】その他の写真を見る


 パリ・ノール・ヴィルパント展示会場で行われる『Japan Expo』では、漫画、アニメ、ゲーム、音楽、ファッション、映画などのポップカルチャーならびに、文化芸能や着物、日本食などの料理、文学、伝統文化など、幅広いジャンルの日本文化を発信していく。昨年は23万人以上を動員し、今年は24万人の来場を予想している。

 18回目を迎える今年の目玉企画は、日本のアニメ100周年を盛大に祝う「Anime100(アニメ・サン)」。映画『この世界の片隅に』を手がけたアニメーションプロデューサー・丸山正雄氏を名誉顧問に迎え、過去100年の日本アニメの中から100作品をとりあげて紹介する大規模展示や、アニメに関する豪華ゲストの来場、そのほか特別イベントを行う。

 1917年、現存する最古のアニメーションフィルム『なまくら刀』が、幸内純一氏によって制作されてから100年。日本のアニメは世界を魅了し、フランスでは79年代後半、『Goldorak(邦題:UFO ロボ グレンダイザー)』が一大センセーションを巻き起こした。アニメファンは次第に日本文化にも興味を持つようになり、『Japan Expo』も発展し、今回、日本のアニメ100周年を祝う企画が行われることになった。

 100作品を紹介する大規模展示のうち80作品は、『Japan Expo』とアニメのスペシャリストたちにより1917〜1999年のヒット作などが選ばれ、残りの20作品は一般投票によって決定する。

 発表会には、Japan Expo創立者・副代表のトマ・シルデ氏、経済産業省商務情報政策局文化情報関連産業課長の山田仁氏、アニメーションプロデューサーの丸山氏、ゆるキャラ・こねこのチー、シンガーソングライター・You TuberのUMI☆KUUN、ピカチュウが出席。劇場版アニメ『ポケットモンスター キミにきめた!』(7月15日公開)の先行試写会が会期中に開催されることが発表されたほか、実写映画『鋼の錬金術師』(12月1日公開)の予告編が紹介された。



関連写真

  • 『Japan Expo 2017』プレス発表会に出席した(左から)ピカチュウ、トマ・シルデ氏、丸山正雄氏、UMI☆KUUN (C)ORICON NewS inc.
  • 『Japan Expo 2017』プレス発表会の模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 『Japan Expo 2017』ビジュアル
  • 『Japan Expo 2017』プレス発表会に出席したピカチュウ (C)ORICON NewS inc.
  • 『Japan Expo 2016』会場の模様
  • 『Japan Expo 2016』会場の模様

オリコントピックス