• ホーム
  • 芸能
  • 岡田准一、西島秀俊と初共演 木村大作監督作『散り椿』2018年公開

岡田准一、西島秀俊と初共演 木村大作監督作『散り椿』2018年公開

 人気グループ・V6岡田准一(36)が、時代劇映画『散り椿』(2018年公開)に主演することが明らかになった。日本を代表するキャメラマンとして活躍するだけでなく、『劔岳 点の記』(09年)で第33回日本アカデミー賞最優秀監督賞を受賞している木村大作氏(77)がメガホンをとり、岡田と対峙する役柄で西島秀俊(46)が初共演する。

【写真】その他の写真を見る


 葉室燐氏の時代小説を映画化する同作は、長野、富山、彦根と時代劇としては前代未聞の全編オールロケを敢行。黒澤明監督作品『隠し砦の三悪人』の撮影助手からキャメラマンのキャリアをスタートさせ、『用心棒』『椿三十郎』と黒澤監督に従事してきた木村氏が時代劇に初挑戦し、「黒澤監督には及ばないですが、人の心の美しさを撮る『美しい時代劇』を目指したい」と意気込んでいる。脚本は、同じく黒澤監督のもとで助監督を長年務め、『雨あがる』『阿弥陀堂だより』『蜩ノ記』などを手がけてきた小泉堯史氏が担当する。

 享保15年、藩の不正を訴え出たために、時の権力に負け藩を追放された男、瓜生新兵衛(岡田)。追放後、連れ添い続けた妻の篠が病に倒れ、死を迎えようとした折、最期の願いを新兵衛に託す。「藩に戻りて、榊原采女様(西島)を助けてほしい」というものだった。新兵衛にとって采女は、かつては良き友であり良きライバルであり、また篠を巡る恋敵でもあった。そして新兵衛の藩追放に関わる、大きな因縁を持つ2人だったが、妻の最期の願いをかなえるため、新兵衛は過去の藩の不正事件の真相と、その裏に隠された妻・篠の本当の気持ちを突き止めようと奔走する。

 主演映画『追憶』で撮影を務めた木村氏とのタッグに、岡田は「監督の思い描く『美しい時代劇』にお声がけいただき、こんなにうれしいことはないです」と感慨深げ。初共演の西島について「真っ直ぐですてきな方」と印象を明かし、「そんな西島さんに対峙してどう崩していけるかが自分の中でのポイントだと考えています」と話している。

 西島も「殺陣の稽古でお会いした時の岡田さんは、正に侍の様な佇まいて凄みがあり、とても心強い存在だと感じました」と信頼を寄せ、「采女という役を生き切る覚悟で撮影に臨みたいと思います」とコメントした。

 そのほか、黒木華池松壮亮緒形直人新井浩文、柳楽優弥、麻生久美子、石橋蓮司、富司純子奥田瑛二芳根京子渡辺大駿河太郎の出演が発表された。



関連写真

  • 映画『散り椿』に豪華キャストが集結
  • 『散り椿』原作(葉室麟/角川文庫刊)

オリコントピックス