• ホーム
  • 芸能
  • 菅田将暉のボクシング姿公開 映画『あゝ、荒野』特報映像

菅田将暉のボクシング姿公開 映画『あゝ、荒野』特報映像

 俳優の菅田将暉ヤン・イクチュンがW主演する映画『あゝ、荒野』(10月7日前篇/10月21日後篇公開)の特報映像が23日、解禁された。ボクシングに打ち込む青年を演じた菅田が、リング上で殴るシーンなどを収めており、鍛えられた肉体美を披露している。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、『二重生活』の岸善幸監督がメガホンをとり、寺山修司さんの長編小説を映画化。現代に訴えるキーワードを取り入れて再構築され、舞台は2020年東京オリンピック後の近未来。ふとしたきっかけで出会った新次(菅田)とバリカン(イクチュン)。ネオンの荒野・新宿でもがきながらもボクシングへの挑戦で心の空白を埋めようとする2人の絆と、周りの人々との人間模様を描く。

 主題歌は、ハードコアロックバンド・BRAHMANに決定。タイトルなどはまだ発表されていないが、特報映像では楽曲の一部が収録され、かねてより寺山修司のファンであったTOSHI-LOWのコメントが公開された。

■TOSHI-LOWコメント全文

書を捨てずポケットに詰め込んで街に出た
血の匂いのする言葉に憧れた田舎の中坊が
真似した名言ごっこは詞という名の拙い表現になり
叫んで生まれた泥臭いメロディーと出逢って歌になった
街角の小さな本屋で出逢った本に打ちのめされた30年後に
言葉という名の武器と出逢わせてくれたあの人を感じながら
俺達は出逢いの喜びと無情を懸命に歌うだろう
リングの上で出逢うあの二人のように
TOSHI-LOW (BRAHMAN)

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



関連写真

  • 映画『あゝ、荒野』でのボクシング姿を公開した(左から)菅田将暉、ヤン・イクチュン (C)2017『あゝ、荒野』フィルムパートナーズ
  • 主題歌を担当するBRAHMAN
  • 主題歌を担当するBRAHMAN

オリコントピックス