• ホーム
  • 映画
  • 神木隆之介、ジブリ出身・米林監督と7年ぶりタッグ 『メアリと魔女の花』に声優参加

神木隆之介、ジブリ出身・米林監督と7年ぶりタッグ 『メアリと魔女の花』に声優参加

 俳優の神木隆之介(24)が、スタジオジブリ出身・米林宏昌監督の最新アニメーション映画『メアリと魔女の花』(7月8日公開)で、ヒロイン・メアリの小さな嘘によって大事件に巻き込まれてしまう12歳の少年・ピーターの声を担当していることが明らかになった。米林監督とは、『借りぐらしのアリエッティ』(2010年)以来7年ぶり2度目のタッグ。歴代邦画興収ランキング1〜3位(『千と千尋の神隠し』『君の名は。』『ハウルの動く城』)すべてに声の出演をしていることから“神ってる”と話題になった神木の参加で、同作をさらに盛り上げる。

 同作は、2014年末にジブリを退社した米林監督が、新拠点スタジオポノックで製作する初の長編作品。イギリスの作家メアリー・スチュアート氏の児童文学に基づき、赤い館村に引っ越してきた主人公メアリが、7年に一度しか咲かない禁断の魔女の花“夜間飛行”を見つけたことから始まる冒険を描く。主人公メアリを杉咲花が演じるほか、天海祐希小日向文世満島ひかり佐藤二朗遠藤憲一渡辺えり大竹しのぶが声優を務める。

 メアリが引越し先で出会う、地元の優等生的な勤労少年だというピーター役の神木は「7年ぶりに米林監督と一緒にお仕事をさせていただけると聞いて、すごく懐かしい気持ちとうれしい気持ちでいっぱいになりました」と再タッグに喜び。「本当に夢があるストーリーで、メアリの奔放さだったり、ピーターの真っ直ぐさだったり、ちいさな勇気が大きく何かを変えるパワーを持っているということを感じました」と話している。

 神木とは、日本テレビ系連続ドラマ『学校のカイダン』以来の共演となる杉咲は「神木さんが過去に声優をされている作品を見ていたので、今回ご一緒できて本当にうれしかったです」と話し、「神木さんの声は耳にとても心地良く、いつまでも聴いていたいと思いました」と絶賛している。

 米林監督は、「杉咲さんのメアリと神木さんのピーターのデコボココンビは、作品に温かい空気を与えてくれました」と、2人に手応えを感じている様子。西村義明プロデューサーは、神木の起用理由について「思春期直前の少年の中にある無邪気さ、優しさ、儚さ、逞しさ。子どもでも大人でもない、その中間に一時だけ存在する少年性を求めたとき、神木隆之介さんの声に正解がありました。お転婆なメアリに翻弄され、映画の中で最も大変な思いをするピーターですが、映画の中で一番の“いいヤツ”なのです」と説明している。



関連写真

  • 『メアリと魔女の花』でピーターの声優を務める神木隆之介 (C)2017「メアリと魔女の花」製作委員会
  • (左から)メアリ役の杉咲花、ピーター役の神木隆之介(C)2017「メアリと魔女の花」製作委員会

オリコントピックス