• ホーム
  • 音楽
  • ときめき宣伝部、アメコミ風MVで壁をぶち破る “作詞家”武井壮も激走

ときめき宣伝部、アメコミ風MVで壁をぶち破る “作詞家”武井壮も激走

 スターダストプロモーションに所属する4人組アイドルグループ「ときめき▽宣伝部」(▽=ハート)の2ndシングル「どどどどどりーまー」(6月7日発売)のミュージックビデオ(MV)が22日、公開され、同曲で作詞に初挑戦したタレント・武井壮が特別出演していることが明らかになった。

【写真】その他の写真を見る


 アイドルファンを公言し、自称「DDD(誰でも大好き大魔王)」の武井は「ひゃくじゅうのおう・たけいそう」名義で作詞家デビュー。作曲は、武井とプライベートでも交流のあるヒャダインこと音楽プロデューサーの前山田健一氏が手がけたポップチューンとなっている。

 MV撮影は4月下旬、栃木・宇都宮のスタジオで行われ、『Seventeen』専属モデルの坂井仁香らメンバー4人はアメリカンコミック調のグラフィックの世界観の中で、歌詞に合わせて“たたたたた〜んたん ととととと〜んと”駆け回りながら、壁をぶち破り、越えていく、元気いっぱいの映像作品に。

 陸上十種競技の元日本チャンピオンの武井もクロマキー合成撮影に臨み、タンクトップ姿で走り回ったほか、自身が書き下ろした歌詞のリップシーンにも挑戦した。武井はとき宣のメンバーに向け、「この作品で俺たちはチームだから! いつかライブにも遊びに行って、駆け回るよ!」と約束していた。

 同曲の振付はCRE8BOYが担当、監督は前作に続き土屋隆俊氏が手がけた。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



関連写真

  • ときめき宣伝部の新曲作詞を担当した武井壮がMVにも出演
  • メジャー2ndシングルをリリースする「ときめき宣伝部」
  • クロマキー合成撮影に臨む武井壮
  • 『Seventeen』専属モデルでもある坂井仁香
  • ときめき宣伝部の坂井仁香
  • ときめき宣伝部のリーダー・辻野かなみ
  • 壁をぶち破るシーンを撮影
  • ときめき宣伝部の小泉遥香
  • ときめき宣伝部の小泉遥香
  • ときめき宣伝部の小泉遥香
  • ときめき宣伝部の吉川ひより

オリコントピックス