• ホーム
  • 芸能
  • 武井咲主演で『黒革の手帖』悪女再び 「とにかくプレッシャーがすごい」

武井咲主演で『黒革の手帖』悪女再び 「とにかくプレッシャーがすごい」

女優の武井咲(23)主演で、松本清張の不朽の名作『黒革の手帖』が再びテレビ朝日系で連続ドラマ化されることが17日、わかった。今期、『緊急取調室』が好調な木曜9時枠で7月スタート。かつて事務所の先輩、米倉涼子が主演し、女優として開花するきっかけとなった作品であり、武井にとっては初の清張作品への挑戦。「とにかくプレッシャーがすごいです。最初にお話をいただいたときは『やりたくない!(笑)』と不安で逃げ出したい気持ちにもなりましたが、今はようやく楽しみのほうが大きくなってきたかな…?」とコメントしている。

今年は、松本清張没後25年の節目。原作小説は、1978〜80年に『週刊新潮』...

この記事の画像

  • 『黒革の手帖』は事務所の先輩・米倉涼子から武井咲(写真)のもとへ。テレビ朝日系7月期のドラマとしてよみがえる(C)テレビ朝日
  • 清張作品、初挑戦。武井咲が“稀代の悪女”原口元子を史上最年少で演じる(C)テレビ朝日

オリコントピックス