• ホーム
  • 音楽
  • YU-A、第1子男児出産を発表 5日間の陣痛に耐え、6日目に帝王切開で出産

YU-A、第1子男児出産を発表 5日間の陣痛に耐え、6日目に帝王切開で出産

 シンガー・ソングライターのYU-A(30)が9日、自身のインスタグラムを更新し、8日に第1子を出産したことを発表した。所属事務所によると、性別は男児。

 生まれたばかりの赤ちゃんの足と自身の手の写真とともに、「昨日の朝、無事ユアベビーが誕生しました!!」と報告。5日間の陣痛に耐え、6日目の朝に「赤ちゃんが降りて来ず、急遽骨盤に頭が通らないかも」ということで、急きょ帝王切開での出産となったことを明かした。

 5日間の陣痛は「人生の中で最も」つらかったと振り返ったが、「赤ちゃんの声を聞いて全てが消え去って、本当にお腹にこの子がいたんだー。と改めて不思議に思った」と出産を経験した思いをつづっている。

 YU-Aは昨年12月8日の深夜に会員限定ブログで、同10月に一般男性と結婚していたことと妊娠を報告。「ファンクラブのみんなには先に報告したかったから、こんな夜中に急な報告になってしまってごめんね」とお詫びしていた。

 YU-Aは2008年9月にリリースされた童子-Tのコンセプト・アルバム『12 Love Stories』に収録された「願い feat. YU-A」に参加し、100万ダウンロードのヒットを記録。翌年にはソロデビューシングル「逢いたい…」をリリースし、心に訴えかけるストレートな歌詞が10〜20代の女性を中心に支持を得ている。



関連写真

  • 第1子を出産したYU-A
  • 生まれたばかりの第1子との写真とともに出産を報告したYU-A(写真は本人インスタグラムより)

提供元:eltha

オリコントピックス